Reflect

何も気負って、「まとめ」として書けるようになるまで溜めずに、小出しにしたほうがよいよね、それがBlogだよね。というわけでGeometry Wars:WAVESの反射棒について。棒内部を通過すると周囲の敵を倒せる、簡易ボムとしての役割を担う最重要敵。両端に触れると死ぬ。

ボムの有効範囲は、両端から半径3グリッドの円。つまり反射棒の左右で9グリッド、前後で6グリッドになる。ちなみに一画面に表示される最大グリッド数は、左右で32、上下で19。反射棒の左右での範囲で考えるとわりと広いけど、前後の範囲で考えるとかなり狭い。

棒に正面から突っ込んで、前の敵はショットで、背後の敵は反射棒で倒してもらう方法がダメダメなのかが良く分かりますね!背後への範囲が狭いんだもん、なるほどねえ。その辺のことも考えつつプレイすると良いかもね?いや、私は全然ヘタッぴいなのでまだなんともかんともなのだけど。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2007/10/28_17.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2021

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc