Space Giraffeと保守的消費者

テンペスト発売記念(日本は除く)に、今更スペースジラフ購入。だってジェフ・ミンターがカワイソすぎるんだもの。

新しいゲーム?

心を注ぎ込んでSpace Giraffeのような新しいゲームを作ってもフロッガーのようなレトロアーケード移植より売れないのなら、新しいゲームを作る理由なんてあるんだろうか?

率直にいってMAMEのROMをパッケージし直したものの方がオリジナルの新しいコンテントより売れるというのはがっかりすることだ。だが、ああ、世の中そんなものだ。皆新しいものより、昔の思い出のあるものを買うのものなんだろう。

9bit clipboard

ゲームの値段が安い領域、たとえば携帯電話やXbox Live Arcadeなど、においては、消費者は冒険した買い物もすると思うかもしれない。実際はそれには程遠い。 このどちらの市場においても、ダウンロードランキングは昔のアーケードゲームの平凡な移植に占拠されている。

fuwafuwax - Space Giraffe vs Frogger

せっかくXbox Live Arcadeといった、開発者とユーザーの間に挟むものが少ない理想的なプラットフォームが出来ているというのに(配信が遅いとかMSKK死ねとかは置いておいて)、消費者の心が保守的なままじゃ何も変わりやしない。結局ブランドと、思い出と、売り上げランキングでしか判断しない。それでしか買わない。ああ!ああ!失敗しない賢い消費者だこと!いやいや、消費してないから消費者とも言えない。

などと適当に煽ってみたけど、実際のところGeometry Warsとか、優れたものは普通に売れている。正直、スペースジラフは売る気がないとしか思えない体験版。いや、体験版というより、そもそもゲーム自体が……。実際プレイしてみて、少なくとも400MSPなら超お買い得の、もっと売れてもいいタイトルだとは思う。けど、どう贔屓目に見てもこのビジュアルやゲームデザインで買う気を起こさせるのは難しい。

宇宙麒麟

音と光の洪水。体験版ですら眩しくてやってられね、と思ったわけだけど、そんなもの全然序の口なぐらいに後半のステージは眩しい。画像の状態は、別にエフェクトが激しくなったシーンを止め絵で狙い撃ちして撮ったわけではなく、これがデフォ。常にギラギラ。自機が何処にいるかすら把握困難。おまけに、ステージを回転させる敵が出てきたりして動画では一層カオス。

問題なのは、この派手なエフェクトが全然美しくないという点。プレイが困難なほどにユーザー無視のエフェクトをかけてるくせに、それが美しくない。どうにも古臭い。Windows Media Playerの標準ビジュアライザって、派手だけど別に全然綺麗じゃないじゃん。それと同じ。iTunesのmagnetosphereは綺麗だけどねえ。そしてGeometry Warsは綺麗だけどねえ。Space Giraffeは綺麗じゃない。ただ派手なだけ。

そして、超不親切。ルール不明。シンプルな構造のくせに敵の種類が多すぎる(ステージが進むにつれ種類が増える)そして、各敵の特性を掴むのに時間がかかる。例えばフラワーの成長速度がステージによって違って、一部ステージでは破壊困難であるというのも分からなかった。フラワーの根元で粘って殺されまくってようやく気づく。死んで覚えろ、というのは分からないでもないけど、派手な画面のせいで状況が掴みにくいので、ルール(フラワーの速度が違うだとか)を学習することへのストレスがかかりすぎる。

とにかく学習コストが高すぎる。死因の100%が事故死なくせに、画面が派手すぎて事故の原因が分からない。とにかく超ストレス。いや、画面が派手だから死因が伝えられないわけじゃないんだよ?ジオメトリは接触した敵を点滅させて分からせるようにしてるよ?そういう、ちょっとした配慮がスペースジラフにはゼロ。普通なら3回死ねば分かることを、10回死んでようやく分かるようなデザイン。まともに遊ばせる気ゼロ。

という、この何から何までの古臭さじゃあ、市場に受け入れられるわけがない。口コミで広がるとか、そういうのも全くないでしょう、きっと。でもまあ、面白い。シンプルなゲーム性(ワイヤーを移動して敵を倒す)の中でどれだけ難しくするかって感じに積み重ねられた、やたら多い敵の種類と、眩しい画面すら、つまりは難易度を上げるために、明確にプレイヤーの妨害を意図して設計されているという意地悪っぷりが、適度にプライドを刺激する。かもしれない。

ちっともお薦めできないけど、値段も安いし、覚えることが多いのでそれなりに長時間遊べるのと、画面の派手さがそれなりにトリッピーなことと、ジェフ・ミンターがカワイソウなので皆で買ってあげよう。ルールを把握しきれさえすれば、そこそこ楽しめる。それでも事故死でムカツク度は永遠に変わらない。

Comment (2)

Tosche : (12/23 16:19)

360の標準イコライザも全然イケてませんものね。
言ってしまえば、作者はセンス無いのを自覚してないような…

neuecc : (12/23 21:13)

初期メガデモの香りって感じではあります。
良くも悪くも、昔の人だなー、という。
ノスタルジーによるリメイク、移植を否定しつつも
本人の作品がノスタルジーに依らないとキツいというのが、何とも皮肉。

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2007/12/20_41.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2021

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc