Archive - 2008.03

ゲームを殺すのは誰?

今頃になって各所で巻き起こるジェフ・ミンター批判。例のフロッガー死ね発言のことなのだけど、しかし今回はMicrosoftの移植否定問題と合わせコンボでやり玉にあがってるので辛い。ジーパラの正確さにかける意訳が元になってるのが何とも言えない。叩きたい奴は、まずは一次ソースを読んでから叩け(この事は私も昔に書きましたのでどーぞneue cc - Space Giraffeと保守的消費者)。とにかくひとまず落ちつけ。落ちついて、とりあえずこの目潰しビームでも喰らえ!

X’s Network -5pbが計画したXboxLiveアーケードでの移植祭り企画をMSが総ボツに-

XBLAでは忠実移植作品は、縮小する方向にある。私は、一応賛成。そもそも移植移植と騒ぎすぎじゃないかと思う。ドラクエが移植乱発、FFが移植乱発、テイルズが移植乱発。それらには猛反発してるくせに、XBLAでは移植万歳とか叫ぶなんてオカシイよ。ゲーマーなら新作を喜べ。新作を買え。

2DSTG祭りというけれど、結局は移植にしか頼れないというのは、ジャンルの斜陽を意味しているようで悲しい。例えばFPSだったらさ、移植? 新作がたくさんあるからいらないよ。それで済む話。なのに2DSTGときたら、ひたすらに過去の作品にすがらなければならないほどに新作がない。新作がないからひたすら移植を望む。負のループ。未来が、ない。とりあえずオメガファイブ買おうよ。話はそれからだ。

移植は移植、新作は新作。棲み分けが出来ればいいぢゃん! だよねー、でもね、それは理想論だよ。Wii60だとかと発想が一緒。棲み分けなんて出来ない。潰し合いにしかならない。だから私は、小遣い稼ぎのベタ移植乱発なんて嫌だ。移植するなら、HDクオリティに直して欲しい。Rez HDのような理想的な、高い完成度の移植(リメイク)なら歓迎する。XBLA初期のようなクソ移植なら、邪魔なだけ。

大体がして現実問題、消費者は死ぬほど保守的。オリジナルタイトルになんて見向きもしない。そうだよ、体験版ぐらい触ろうよ。とりあえずほら、スペースジラフは触ってから言おう。他のタイトルも、ね。結局さ、週に2,3タイトルで小出しにしないと、知名度がないタイトルは触られもしないという現実。無料の体験版すら触らないから、埋もれないように配信を絞らなければならない。無料の体験版すら触らないから、(手抜き)移植タイトルを制限しなきゃならない。

xxxxを殺すのは、結局はユーザー。いつの時代も。何においても。

ダメぽ

1vs1→現行レギュレーションでは(使い物になる)アセンの幅が狭いのでイマイチ。チーム戦→そもそもが普通に破綻してる。もう無理。これは無理。ドリラー素直に待ちますから。もういい。

ブレード四脚

どうも腕武器は全般的に弱くて話にならない。そしてミサイル以外の武器も、やはり基本的にはあまりダメージが通らない。ミサの他は、ブレードぐらいしか安定してダメージ通せる武器はないな。ということでブレード使ってみれば、これは強すぎるだろ常識的に考えて。ホーミングしすぎ。遠距離からでも余裕で踏み込んで突き刺すとは……。

勿論、1vs1で、引き撃ちされれば終わってしまうので、チーム戦での奇襲専用みたいなところはあるけれど。それにしてもムーンライトソードも攻撃力高すぎなきらいはあるので修正を……。そればっか狙って突っ込むのも嫌な感じ。やられるとムカツクよねー。ホーミングが強力なのでアサルトアーマーとのコンボも非常に嫌な感じ。そして武器腕への拘りを捨てた私に未来はない。しょぼーん。EN消費を考えて素敵コアも捨ててしまったし。萎えー。愛がないね。

ヒット表現の重要性について

クソ動画がいつまでも先頭なのはアレなので何か書こう。ちなみに何であのクソ動画を上げたかというと、プレマに最初に入った部屋だったから。次の部屋でプレイ中にエンコードしてたんですねえ。zoomeになってからは動画内容はあんまり気にしなくなってしまった。とりあえず撮っておくか、みたいな。次回があれば、もっとマシなのを用意したいと思います。ただ、ACfAは、少なくともオンライン対戦に関しては熱意がどんどん薄れていってしまって……。色々と萎える仕様が多くてどうにもこうにも。

数多くある不満の中で最も不満なのは、ヒット感の薄さ。当たってるのか当たってないのかちっとも分からない、喰らってるのか喰らってないのかちっとも分からない。撃破すればしたで、倒したのか倒してないのかさっぱり分からないまま、爆発もパーツ破損表現もなく、ACがただただ静止する様とか勘弁して欲しい。AFカブラカンの大量の自律兵器、あれの壊れる様なんかは中々良いのにねえ。肝心要の対AC戦での表現が1歩も向上してない。もはや何が大破壊エンジンだよ(そもそも、フィールドが荒野もいいところなので大破壊もクソもなかった)っていう話。

APがゼロになったときはさ、アサルトアーマー発動と同じぐらい大規模な爆発エフェクトを被せてもいいと思うんだけどねー。それぐらい派手にやったほうがいい。今のまんまじゃ、ほんと倒したのか倒してないのかさっぱり分からない。HUD見たら星が一つ増えてました、ああ、倒したんだね、と。ここまで倒したという感触が手に残らないのはどうかと思う。

ヒット感もねえ。PS時代のACの画面を覆い尽くすぐらいに破片が飛び散る。アレは分かりやすくて良かったね。そこまでの表現は出来ないといっても、もう少し破片を出してもいいのでは? PAでガードされているというなら、なおのこと、PAを削りきったあと、本体に直接ダメージが入っているときとPAでガードされている時との違いを見せるために、きちんと派手にヒット表現を出すべきでは?

一見派手そう(高速ブーストとか大量ミサイルとか)でいて、肝心要のところが疎かだから、感触が良くない。こんなのPS時代のACは全部クリアされてた話なのにねー。いや、懐古じゃなくてさ。破片もそうだし、APがゼロになったときはボボボボボといかにもこれから爆発しそうな効果音とともに煙を上げて、ボーンと大きめの爆発を起こしてたじゃん。あれは良かった。

そういう派手な表現はリアリティがないとかいう戯言はいらない。例えばCoD4のオンライン対戦を見てみると、遠距離の豆粒大の敵を撃ち、豆粒大なので敵が倒れるさまはほとんど見えないのに、当てたという感触がきちんと手に残ってる。何故か、というと、効果音なんだよね。敵に弾がヒットするとブチッという効果音が大きめに鳴る。超遠距離でヒットした音なんて届くわけねえだろ、という距離でも、距離に関係なく一律に大きめに鳴る。この音がプレイヤーにヒット感を届ける役目を果たしている。

リアルなところはリアルに、でもそれにとらわれずゲーム的にすべきところ(この場合だとヒット時の効果音)はきちんとゲーム的に処理する。こういうバランス感覚が重要だよね。ACはPS時代の三作以降は、その辺がひたすら退化し続けているのが何とも言えない感じ。ACfAの大破壊エンジンは嘘っぱちのクソの役立たずの喧伝倒れもいいところなわけで、いつまでたってもこの辺は改善されない。初代ACは奇跡の一作で、御伽は奇跡の一作でした。そういうことでしょうか?

散弾マニア

相手があまり飛ばない+相手がミサイルを使わない+地形が平ら、という凄まじく都合の良い条件が揃わないと、とんでもなく弱い。あと、チェインガンは普通に弾切れするのが困る。この動画だと4:40-の最後の試合がね。一体分しか持たないから、二体目には使えない。そしてショットガンのみになると攻撃力はゼロに近い。復活有りのチーム戦なんかだと、生きてても戦力にならない。

相手が飛ぶとね-、全然ダメだね。で、普通はみんな飛びまくりなので全然ダメだねえ。やっぱ地べたを這いずり回ってるようじゃダメぽ。地形がちょっと複雑でもダメ。海上だと最悪。と、ダメダメ要素があまりにも多すぎるので、やっぱりダメだと思われます。そんなもんだよね、現実やっぱり。分かっててもそれでも辛い。

ミサイルは回避出来ないしね。いや、それが私の腕が悪いだけか。ともかくはどうともかくとはしても、現状ミサイルオンラインという酷い有様なのでフロムには早急にレギュレーションを配信して欲しいところ。今のままだと、あまり楽しくないよね……。そんなわけなので、私も、せめてホワイトグリント分裂ミサぐらいは自重することにしています。でもそうなるとミサイルの威力が弱くてなー、チェインガンの弾が切れた後はやることなくなって悲しいのよねえ。あ、嫌々積んだようなこのミサですが、ミサイル口がヌメヌメーと開いて気持ち悪くて最高です。その点では良かった。というか好きです。素の見た目もムカデみたいでキモかわいい。ACfAのメカデザインは全体的に変態臭くてたまらんね。

アサルトアーマーはイクシードオービットと同じぐらい、余計な要素。次回作では撤廃してもらいたい。

現状そんな感じでしょーか。クソマッチングシステム(いや、HALO3やCoD4が比較対象だから、なんですけどねー、でももうXbox360においてはアレがスタンダードでしょう、というかスタンダードになってくださいお願いします)はしょうがないとしても、相変わらずデスマッチしかないのが淡泊すぎる。一応、チーム戦でターゲット:オブジェクトとかいうモードもあるようだけど、取りあえず入れてみた、というだけの全く調整されてないクソの塊だったのが酷い。

とりあえず、空を自由に這い回りたいな!四脚で。といった感じにブースター類を調整しよう。でもそうすると地上でも追い切れなくなりそうで嫌だなー。とか言ってる場合じゃなく飛んでる敵を追えない(イコール90%の敵を追えない)状態なので何とかしないとね……。もはや武器腕+四脚というコンセプト自体が間違ってるとかいう話は考えないことにして。あと、当然ながら操作技量もなさすぎなので、こっちは真面目に何とかしたいところ。

非好調にACfAは機体製造中

ようやくパーツが揃って好きに組んで、オンラインに出て、やっぱり弱い!話にならない!全然倒せない!と嘆いています。とはいえ私的に外せない素敵パーツも見つかりました。それが、このコア。ミッションで皆に変態変態と蔑まされるソルディオス・オービットのテクノロジーを駆使したトーラス社の重コア。この気色悪い球体が素敵すぎる。それに合わせるのは元祖変態アクアビット社のコア用球体スタビライザー。うへー、こりゃたまらん。まさに変態大人。

他にはアルジェブラ社のEKHAZARアームが、パイプ剥きだしの外観で好き。残念ながら4脚+武器腕は外せないので使うことは出来ないのだけど。しょうがないのでアルジェブラ社のパーツは脚に採用。大量に露出したジョイント部がこれまた好ましい。

さて、そんな感じに見た目だけで判断していくのはいいとしても、やっぱり弱いんじゃしょーがないので、何とかしておきたいところ。まず腕武器バズーカはリストラ。理由、当たらない。メイン武器になるはずのものが当たらなくんじゃあ話にならない。主力が補助のはずのミサイル+連動ミサイルになった時は絶望した。で、しかし腕武器の選択肢はあまり多くないので、しょうがないのでショットガンで。見た目は腕武器バズーカの突き出た砲塔が好きなのだけどしょうがない。ショットガンは射程300と狭いものの、範囲内に入りさえすれば、とりあえず当たる。そして素晴らしい勢いでPAを削れる。削れるんだけど、PA削っても攻撃力が微妙……。

腕武器の特徴として右武器使用ボタンしか使わないで両腕発射出来るので、左肩武器は同時に使えるという、片手武器に比べて強力なアドバンテージがある。まあ、防御力がガタガタになるのでそのぐらいの特権がなきゃ誰も使わんよ-、ではあるけれど。というわけで、左肩武器の選択が非常に重要。なんだけど、どうも決定打がない。PAを削りやすいという特徴に合わせて、PA削減後に強力な威力を発揮するグレネードはどうだあ!というと、やっぱ当たらないんだよね。あと、4脚なので空飛びにくいのでより一層当てづらい。ならばショットガンと同性質のスラッグガンはどうだあ! 通常の1.5倍の攻撃力で迫り来る散弾。これは、中々強力だった。けど、やっぱり決定打に欠ける攻撃力。

というわけで、イマイチ見つからない。そんなかんだで、現在は四連装チェインガンを試用中。弾速は遅いし射程は短いしで使えないと思ってたんだけど、翌々見てみるとショットガンと同射程の300なので、腕武器ショットガンと相性良かったりする気がする。相手のPAはショットガンによって粉砕されてるのでダメージの通りもいい。張り付けさえすれば、素晴らしい勢いで殺せる。

武器が決まったら戦法を考えなきゃ。とにかく4脚なので空中に出ると終わる。そして中途半端に空も飛べる仕様にすると、敵に張り付けるだけの速度が出なくて終わる。というわけで、開き直って空は諦める。ブースターは燃費無視で瞬発力だけを重視。そうこうして、地上を超高速で這い回って怒濤の勢いで張り付いてショットガンとチェインガンを叩き付けるキモいマシンが完成したのでした。配色がキモいのだから戦法もキモくなきゃいかんのです。

Paranoia

これはキモい。というわけで、AC4の時と同じく、ミッションは武器腕で。逆間接と組み合わせたかったのだけど、どーにもロックが外れてしょうがないので4脚で。そしてミサイル祭り!うは!16発発射の垂直ミサ+32発発射の連動ミサでミサイル祭り!これはヤバい。で、ミサイルどかどかと撃ってる間に腕武器キャノン+肩スナイパーキャノンで攻撃。これは素敵。カラーリングも素敵。ジョイントだけ金属的にするのが私のこだわり。

対人戦だとアレですね、きっと微妙ですね、なるべく原型を留めながらも修正していきたいとは思います。とりあえず、AC4では露骨に勝ちを狙ってWライフル機体を作ったらすぐに萎えてしまったので、ACfAでは、もちろん勝ちは狙いますけど、その中で最大限には趣味の色合いを出したいと思っています。このカラーリングはそういう決意を込めた色なのですよ!

ゲーム自体はどうかというと、お、意外と面白い。AC4と別にたいして変わってない気がするのだけど、意外と面白い。ミッション内容がAC4の退屈一辺倒なクソ具合から随分と改善されたからかしらん。しかし引き継ぎ無しでプレイすると、FRSメモリが空っぽなので溜めるまでオンライン対戦が辛いなあ。これ溜める作業が猛烈にダルいんだよねー。オンラインのためにオフラインをやらせる、という図式は何とかして欲しいところ。別にAC4に限らず、最近では、Burnout Paradiseとかね……。

Boom Boom Rocket

サウンドパックで追加された最難関曲、カノンロック。いやあ、本当にこれ難しいね!緩いイントロを抜けた0:20-の高速連打譜面で何回何十回と死んだことやら。ていうかここを抜けるのは、普通にコントローラー握ってたんじゃあ無理。だって、ボタンを親指だけで押してるんじゃあ対処しきれない。到底追いつかない。というわけでンヶ月も放置していたんですが、コントローラーの持ち方を変えたら無事対処出来るようになったー。

そのコントローラーの持ち方は、画像を貼り付けようと思ったけれど微妙にキモいので却下。いや、せっかく撮ったので外部リンクという形で、まあ、どうぞ。コントローラーは握らず机に置いて、A,Bを右手の人差し指と中指で、X,Yを左手の人差し指と中指で、ブーストのLトリガーを左手の小指で押す。各ボタンを各指で独立して叩けるので、どんな高速譜面だろうと余裕で叩ききれる。

まあ、うまい人は普通にコントローラー握って叩いているようなので、ようするに私がヘタれなだけではある。がっくし。いえいえ、ヘタれはヘタれなりに創意工夫で頑張るんです。それでいいんです。多分。きっと。

判定が厳しいので液晶ディスプレイだとちょっとアレかも。普通にプレイしてる分には、FPSでもGeometryWarsでも、慣れれば何も感じなくなるものなのですが(CRTから乗り換えた初期段階では猛烈な違和感を感じましたけど、人間、それしか見ない状態なら適応しちゃえるものなのです)Boom Boom Rocketは、画面見て叩いてもPerfect(完璧)出せない感じ。うーん。うーん。だからといって今更CRT使おうとは思いませんけど。そして結局はやっぱりヘタれの言い訳なだけの気もする。

L4U欲しい欲しいと言い続ければL4Uが空から降ってくるかもしれないテスト。微妙に買うタイミング逃した気がして勿体ない-。ACfAがクソなら、今すぐL4Uに乗り換えちゃうんですけどね! それでは、ACfAがクソであることを祈って。嘘。良作であることを願って。

豆腐STG exception

640×480,H.264,60fpsなので非常に重たいです。コマ落ちが酷い場合は右クリック→通常(FLV)で何とかなるかと思われます。それにしても左上のZOOMEロゴがウザい。何とかならないのかなー。ワイドなら黒帯範囲だから気にならないのだけど4:3だとどうしても目につく。

さて、そんなわけでexception。全方位スクロール物量系アブストラクト系シューティング。だそうです。詳しくはオフィシャルサイトでどうぞ。動画は体験版の二面(製品版の三面)のFutureモード(破片倍率x9.0の素敵モード)。めっちゃ面白いので、動かせる人は是非是非体験版を!うぉー、これは買うよう。絶対。今すぐ。ポチッと。

攻撃方法は三つ。前方向のみのレーザー、全方位に有効なロックオンレイ、自機前方(青い四角内が有効範囲)のオブジェクトを吹き飛ばすカタパルト。カタパルトは敵を倒すことで上昇するゲージを溜めないと発動不可。基本的には、小さい破片をレイで始末してゲージを溜め、レーザーでデカいオブジェクトを破壊して破片を大量に出して、その瞬間にカタパルトで吹き飛ばして連鎖(吹き飛ばしで敵を倒せれば、それによってゲージが溜まりカタパルトの連発が可能になる)を狙う。

キーコンフィグはXbox360パッドでA=レーザー、X=レイ、Rトリガ=カタパルト、LB,RB=左,右回転。うーん、LB,RBによる回転は慣れれば問題はないのだけど、やはり全方位STGは右スティックで全方位発射でやりたい……。あ、そうそう、HPは体力制で左下の白いゲージがそれ(その上の灰色→青→赤紫→赤になるゲージがカタパルトゲージ)。一定時間毎に少しずつ回復していく仕様。

このゲームは明らかに敵の量が多い方が楽しい。敵の量はlight,normal,heavy,excess,futureの5種だけど、heavyでも足りない。excess以上は必須。Futureは万々歳。んー、というかまあ、そもそも敵の量が多くないとカタパルトの必要性が生まれないから。レイが強力なので、レイじゃあ対処しきれないほどの敵が出てこないとゲームとして面白くならない。その基準ラインがexcessかな、と。

あと、ダメージ表現が薄いので、敵量が少ないと喰らってる感がないまま死んでしまったりするので、目で見て明らかに「詰んだ」「オワタ」と思わせるぐらいに自機周囲が敵に埋もれてアババババとならないと、危機感/緊張感が生まれない。futureはヤバい。カタパルトの方向をミスると、連鎖せずゲージが足らなくなってレイで補充してる暇もなく豆腐に埋もれて死ぬ。この感覚が面白すぎてたまらない。

んー、敵の多さでプレイ感が全然違うというのは、Xbox360版のGeometry WarsとDS/Wii版Geometry Warsぐらいの違いですよ。いや、嘘。ていうかDS/Wii版のジオメトリはやったことないので分からない。うん。ごめんなさい。言ってみたかっただけです。ともかく、敵がワラワラと出てこそ真価を発揮する、ということで。道中のパズル風味も良いし、ボス戦の豆腐を盾にした攻防戦が熱い。映像も音楽もひんやりとまとまっててとっても好み。Geometry Warsが好きな人は是非是非。

PC起動は5秒の時代

え、これ素晴らしすぎる。スリープ、こんなの知らなかったよ。いや、存在は知っていたけど、微妙すぎて使わなかったXPのスタンバイと変わらないと思ってた。でも違う。いや、機能的には同じかもしれないけれど安定感が違うので使用感が違う。とにかく違う。イメージの問題かもしれないけれど違う。とりあえず言えるのは、神機能ということ。神機能が搭載されているということは即ちVistaは神OS。マジで。

スリープ。どんな機能かというと5秒でPCが起動する機能。5秒とか速すぎる。調子がいいと2秒。爆速。これはヤバい。信じられない。常識を越えた。PCがまるでゲーム機のように気軽に使える。しかも状態保存したまま。ブラウザだのワードだの開いたまま終了させても、そのまんまの状態で起動される。スタートアップとか過去の遺物だから。キリのいいところまで作業してから寝る、というのも昔の話。状態保存で復帰してくれるんだから、今すぐ切り上げてとっとと寝ろ。

起動が速いということはPCをオフにするのに躊躇いを持たなくてすむということ。今までは風呂に入るときは電源オンのまま放置していたけれど、これからは電源ボタンを足で蹴り飛ばしてから風呂に入れる。何て環境に優しい!そしてCPUにも優しい。爆熱で今にも死にそうなCPUを少しでも労ってやりたい。HDDには優しくしないでもいい。むしろ死ね。せっかくのRAID 1なので、死んでくれたらRAIDにしてて良かった!と歓喜できるのでむしろ死ね。

真面目な話、これだけ起動が速いと、使い方も変わってくるんじゃあないのかな? 少しの時間潰しのためにケータイ触ってる人も、その時間をPCに向けてくれるようになるんじゃあないのかな? 別にPCは重たい作業をやるためだけのものじゃない。暇つぶしだって、PCでいいぢゃあないか。ケータイなんて家で使うものじゃないよ。家での定位置はゴミ箱の中だよ。

それにしても電源ボタンを押して電源オフ(スリープだけど)というのは使ってて気持ちがイイものだ。いや、これが当たり前なんだけどね。当たり前なんだけど当たり前じゃなかったことがオカシイよね。「コンピューターの電源を切るときは電源ボタンを押しちゃいけません、スタートメニューからシャットダウンを選んで……」 みたいなオカシナ常識の時代がようやく終わった。

スリープは待機電力を消費するからお金が……? いやいや!0.2Wだそうですよ? 月に10円20円なんて完全に無視できる範囲。それでも、地球環境に優しくするため、寝るときはスリープじゃなくてシャットダウンにする! とかいう行為も無意味なのでやめましょう。そういうどうでもいい使い分けは面倒くさくなってどうせ止めてしまうのです。風呂に入る時にスリープする方が環境に優しい。常にスリープ。シャットダウンなんてWindowsUpdateの時しか使わない。意識を変えなきゃね。常識なんてゴミです。適応しましょう。

Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Vista

凡PC。この値からじゃ何も分からないけれど、とりあえずVistaは動作に全く不満なく快適に動いています。XP(Luna)の凄まじい酷さを考えれば、見た目大幅向上というだけでも良いじゃあないですかあ、ねえ? 標準搭載の壁紙も素敵写真だらけで、もう色々と面倒くさいから標準でいいよ、という気にさせてくれる程度の見栄えにはなります。Mac OS?知らん。比較するな。

グラフィックボードをどうするかなぁ、と悩んだ結果、Geforce8600GTにしました。出たの一年前ということで随分値段下がってるし、ファンレスで運用できるし。ASUSのEN8600GT SILENT。ASUSは酷な環境で使ってるのに死なないマザーボードの実績からとっても信頼しています(ギガバイトのは5ヶ月で死んだからね!)

しかしファンレス!無理!2スロット占有のでっかいヒートシンクや、リファレンスより7度冷えるとかいう謳い文句に乗ってしまったけれど、Vistaインストール中、PCケースの蓋開けた状態でヒートシンク触ったらあっついの。PS3でバーベキューどころじゃなく触ってられない温度で危険な予感。そして蓋閉めてGPU温度を確かめてみれば、うはあ、100度。ベンチマークとかゲームやってるわけじゃなく、ただダラダラとセットアップ作業しながらの起動時間5時間経過程度で100度。さて、あと何ヶ月で死ぬでしょうか。3D性能とかどうでもいいので8500GTにすれば良かった……。これじゃ他の部品も死ぬ。GPU熱のせいでCPU側の温度まで微妙なことになってるし。CPU温度が上がるとCPUファンの回転数が上がって五月蝿くなるので勘弁してください。やっぱ水冷で外部に冷却機構持たないとダメだね、見た目重視で選んだ超窒息ケースなので……。

ビットレートは850kbpsまでらしい

もういい加減、この辺のテスト動画には興味ないかもしれませんそうですね、はい。というわけでこれでクソ動画投げまくりシリーズは終了します。今回は音質を下げて映像側にビットレート回す、ということでアイマス動画よりも100kbpsも多めに取っているので、中々クリア。激しい映像なのに全然ブロックノイズ見えないので、このぐらいの質が確保できるなら十分満足。

映像 H.264 800kbps/ 音声 HE-AAC v2 32kbps。ということで音質はどうなんでしょうねえ。32kbpsなんですが、爆発音鳴りまくりのゲーム動画なら、これで十分じゃないの?というぐらいに意外と聞ける音質で驚きました。AACは偉大すぎますね……。

あ、で、L4Uやりたいなー。と、とっても思ってます。ブンブンロケットで我慢しよふ。

H.264

まだまだクソ動画シリーズは続く。今度はH.264に対応したニコニコ用に、懐かしのアイマス動画をエンコード。H.264で上げるためだけに、今日プレミアム会員登録しましたよ。うっうー。今回からニコニコ動画もついに外部サイトで貼り付けが可能に、というのは対応サービスのみ?誰かが解析してくれるの待つか……。

仮に外部サイトで貼り付けが可能になったとしても、50Mの容量制限は、ちょっと長めで作ると画質が厳しくなってしまうので、基本的にはzoomeを使っていくと思います。そしてそもそも800kbpsは、あまり満足いく画質にならない。zoomeの1500kbpsは満足度高かったんだけどなあ。まあ、レートで強引に画質稼がないで地道にエンコードオプションを研究しろっていうお告げでしょうか。

ちなみに以前のOn2VP6に比べての作る側のメリットは、とにかくエンコードスピードが速く、ビットレート指定を無視しないのでリテイクがない。これが画質なんかよりもずっとよっぽど素敵に最高だったりはする。いやあ、VP6暗黒時代が終わったというだけで、もう飛び跳ねて喜んでしまうよ。

トリガーハート エグゼリカ

クソ動画連発シリーズはまだまだ続く。今度は長め動画のテスト。といいつつ20分しかないのでn+と一緒だったりする。うわーん、これじゃテストになってないよぅ。というわけでトリガーハートエグゼリカ。難易度は、えー、イージーモードー?……が、許されるのは(ry。というわけでイージーモード。イージーは敵の弾をショットで消せるのでボス戦が死ぬほど楽。そしてショットで弾消せるので、道中もアンカー出さずにショットだけで進んだ方が安全だったりする。そりゃ酷い。

ノーミス、と言いたいところなのだけど4面と5面でクソみたいなミスをした上にラスボス戦でポコポコ死んで、結果的にギリギリという酷い有様。うーん、情けない。情けない。

で、ゲーム自体が面白いかというと、うーん、うーん……。何せグラフィックが見たとおり酷くてゲンナリ、その上にワイド画面だと1/3しか領域を使わないのでショボさをより引き立ててしまう。という、グラフィックのマイナス点をゲーム性で取り返せるかというとこれまた、うーん、うーん。まあ、面白いんですけどね。あんまりヒキがないからなあ。いやまあ、面白いです。実績全解除は無理かなー?ハードモードクリアぐらいまでは何とかしたいかも。

それにしてもランキングの盛り上がらなさは異常。いや、OVERALLで頑張るのは無理なので最初から見てはいないんだけど、フレンドランキングが、ゼロ。ゼロは初めてかもしれない。そういう私もこの動画のクルエルティア・イージーでしかランキングに記録されてないので大したこたぁないんですけどね。しかしゼロかあ。そもそもランキング記載というだけでなく買った人もゼロくさい。

ハードコアチームデスマッチ

エンコードテスト、とばかりにクソ動画乱発いくよー。画質は、このサイズなら十分すぎだね!いや、綺麗だ。問題ない。いいぢゃんいいぢゃん、zoome。ついでに字幕もたっぷり入れときました。ウザ?

CoD4は久しぶりプレイなのでちょっと勝手が……。感覚を忘れていると、どうしても、前に前に出てしまう。そして死ぬ。死にすぎだなあ。負けちゃったし。私のせいだ。

ハードコアチームデスマッチはレーダーがないので、味方と連携が取りにくいのが難点だね。いや、皮膚感覚だけで連携が取れると、それはもう普通のチームデスマッチよりも遥かに楽しい!と感じるわけなのだけどねえ。そしてまあ、そもそもがレーダー無しのほうが緊張感があって良い。HUDが無い分だけ、画面が広く、綺麗に見えるし。

Prev |

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2019

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc