斑鳩 初めてのSランク

前回よりは上手くなった、かな。ホーミングレーザーは積極的に使うべきだということを学んだ。でも、怖い。どこへ飛ぶか分からないから、チェインが繋がってくれるか分からないから怖い。そんなわけで、後半の戦艦大量出具部分ではビビッて使えてない。うーむ。

パターンゲーとはいうものの、技量によって実現可能なパターンには幅が出てくる。斑鳩は、この幅が広い。シンプルなパターンから複雑なパターンへと、少しずつ、自分の技量の上昇とともに無限にやるべき課題が生まれてくれる。だから終わらない。まだまだひたすらにChapter1をやり続けたい。でも、勿論、次のChapterもやりたいし次の難易度もやりたい。ああ!

最初はちゃんと敵機の数を合わせて、きっちりコンボを狙えるように設定していましたが、これだと 上限が見えやすく、すぐに全員が同じプレイになる可能性が出てしまうので、最終的にはかなり 不確定な要素をプラスしてあります。ランダムということではなく、普通にプレイしていった場合に、 「正解」が極めて分かりにくい配置にしてあるという意味です。

斑鳩

オメガファイブは、すぐに全員がほぼ同じパターンになっちゃったからねえ。斑鳩のこの懐の広さは、本当にとんでもないことだと思う。n+作者じゃないけど、まさに、斑鳩があれば他のSTGなんてイラナクネ?という状態に。未経験者にとっては、あと一年は斑鳩だけで生きていける予感。

そういえばHUD位置調整機能は地味に便利だね。素晴らしい。あとは捨てゲーボタンさえあれば完璧。任意位置からスタート/リピード可能なプラクティスモードも欲しい。とか何とかかんとか。そしてジョイスティック欲しくなってきた。どうしようかな、買おうかな。でも買うとしたら改造はしないで評判の宜しくないHORIの標準ジョイスティックになるので、そんなの使うぐらいならパッドのほうが良いかもとか思うと躊躇ってしまう。パッドのアナログスティックによる操作はそんなに悪くないだけに悩ましい。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2008/04/13_85.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2021

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc