Archive - 2008.05

DeusEx

みんな大好きL4Uの価格推移が凄まじいことになってますね!在庫が死んだり復活したりを繰り返しているようなので、買うなら本当に最後の今のうちの今だけですよ!それにしても5/10からの必死の下げ方が笑える。さすがはamazon。なお、私は3時間で実績全解除できるというのに未だに半分近く残っています。3時間じゃあ一曲しか出来ないよ!一度カメラアングル設定を意識してしまうと、ついつい弄くりだしてしまって終わらなくなる。

そんなわけでお久しぶりにこんばんわ。一度書かなくなると本当に放置し出してしまうんですねー、良くないです。特に書くことがなくても何か書いていくようにしたいものです。さて、The Orange Boxなのですけど、実はスルー。スルーしてしまいました。というのもPortalは既にプレイ済みだし、ならあえて買うことも、いや、まあ、いつかは買うんだけど別に今じゃなくてもいいかなぁ、みたいな。

で、かわりにDeuxExを買いました。Steamで。10ドル。今頃になって知ったんですか、日本語化の方法が発見されてましたよ!

英語が分からなくて挫折、悔しい思いをした全日本のJC Dentonに朗報! 日本中が待ち望んだ待望のDeusEx日本語化の方法が2chのDeusExスレにて発見された。 まさしく歴史的快挙。 日本語版はやけに高くて買えなかった全ての人にお送りしたい。

ヨウゲーフリーク! | Deus Ex 日本語化!

ウォーレン・スペクター(System Shock(BioShockの前進)やThiefを手掛けた、有名ゲームデザイナー)が2000年に制作した、Game of the Yearも受賞した傑作FPRPG。だそうです。詳しくはDeus Ex - Wikipediaで。続編であるDeusEx Invisible WarはXboxでも出ました。こちらは買ったことがあるんですけど、正直言ってあまり良い出来ではありませんでした。マップ狭いのにロードが頻繁、というロード地獄のせいもあったけど。

そんなわけなんですが、1は神、2は糞、みたいな評価も多いし、Invisible Warのほうも世界観とかゲームシステムのコンセプト自体は気に入っていたので、1をいつかプレイしたいと思っていました。で、降ってわいたかのように日本語化の方法を知ってしまったし、OrangeBoxもスルーしてしまったし(ネット通販で買おうとしてカートに入れて注文画面まで言ったんだけどクレジットカードの番号をミスって入力し直しになった時に、萎えて買うの止めてしまったのです、しょうもな)、安いしいっかな、と。買うならむしろ今のうち理論。

感想は、今のところショッパイ。オーソドックスじゃないゲームは、後から評価するのは難しいかなあ。古臭さというか粗というか、そういうのばかりが目立ってしまって。詳しくはまた後日書くかと思います。ちなみにDeuxExは3の制作も発表されていて、それのティーザーがカッコイイので未見の方は是非どーぞ。開発はEIDOS MONTREAL。立ち上げたばかりのスタジオだそうです。何かモントリオールと聞くだけで高品質をイメージしてしまうのは私だけでしょーか。モントリオール凄え!みたいな。それもこれも全てUbi上海のせいだと思いますね。

L4Uのパート編集はまだまだ続く

60fpsですよ!60fps! ヌメヌメ動いてくれると本当に素敵。例によって1280×720のものも自分用に作った。にひひ。但しH.264でビットレート22000kbpsのため、自分のPCでもコマ落ちしまくるというしょうもなさであった。未来のPCならきっと再生できるよ。きっと。

今回は春香がセンターなので気合い入れてパート編集したよ。L4Uのパート編集は地味に楽しいんだって。本格的すぎず、ON/OFFするだけという気楽さが丁度良い。カメラはアップ控えめダンス中心。Aメロはセンターが入れ替わってくれるので、そこは当然、個別に歌わせる。MID→LONGの連続で、カメラをセンターに置きっぱなしな長回しっぽい雰囲気でしっとりと。

サビの入りは、今まで遠距離主体だったので鬱憤を晴らすためUPでググッと。最初は全員合唱だしAUTOでいっかあ、と思ってたら、LONGから入ってしまいAメロと連続しすぎて盛り上がらなかったので、UP指定に。そして当然? 主役であることを主張するためサビは全体的に春香さん特盛り。間奏前はAUTOしかないわけだけど、春香UPのあとに、AUTOが雪歩MID、やよいMIDと続いてくれたのが空気読んでる! 偉い。AUTOはほんとコントロール効かないので運頼みなのが困った困った。

カメラの細かい角度は直前に誰を選んだかに強く影響されてる気がする。そこ違う!もう少しだけ右じゃないとダメ!とか思ったときは、直前に映す(歌う)メンバーを変更すると、上手い具合になってくれる時があるような。例えば最後の「ドラマがはじまる」の春香UPは、完全にセンターにカメラが行って欲しくて、実際そうなってるけれど、直前の「きっときっと」を雪歩だったり春香だったりに指定してると、カメラがセンターじゃなくて右に寄ってしまい全員が映らなくなる……。なので、ちょっと不自然気味だけど、「きっときっと」はやよいソロになった。

ON/OFFだけの気楽な編集がそろそろ物足りなくなってきたかな? つまり、そろそろManual操作の出番ということですね! と言いたいところだけど、フリーカメラがないならぶっちゃけたいして変わらないね。基本的にはせわしないカットは好きじゃないので(だから擬似的でも長回しっぽいカメラ移動を心がけています、Aメロもそうだけど、イントロも右から順に左に回してるんです)あまり頻繁に切り替えることもないだろうし。そして一番不満になるのは細かい角度指定だからね。 というのはさてともかく、他の人がどういう設定にしているのかはとても気になる。ランキングからのリプレイもいいけど、こだわりポイントの解説があると嬉しいな、というわけで探してみたけど、あまり見あたらない。

『魔法をかけて!』 リミックスA トリオ - 夜明け日記
ゆうこさんのライブ演出 - 握力

おお、濃ゆい。そうだなあ、これぐらいしっかりとこだわりを持って設定したいな。次回はもっと春香愛(?)を全面に押し出しても良いかも。

パート編集はON/OFFだけで気楽だし出来ること少ないというけれど、こだわりを持ち始めるとこれが中々どうして、思ったようにいくまでひたすら微妙な試行錯誤を繰り返すことになるので、非常に熱い。実際問題、これ作るのに3時間ぐらい飛んだし。大まかなのはすぐ出来るんだけど微調整が大変。

L4Uのパートエディットは面白い

曲に飽きたら歌い手を変えればいいぢゃない。Remixだってあるよ、という親切設計。そんなわけでトリオ編成。いやあ、ソロに比べると遙かに画面が賑やかだ。と、同時に、初期設定のままの全員合唱、カメラフルオートだと散漫すぎてつまらない。というわけで否が応でもパーティエディットに駆り出されるわけである。

そしてこれがやってみると存外楽しい。はまる。ココこそがアイドルマスターL4Uの真髄なのでしょう、きっと。音ゲー部分はオマケ。やってみると考えること結構多いね。UPが多いとクドい、けど顔を大写しにするのは何よりも素敵。もう悩む悩む。ヴォーカルはソロを多めに取りたいんだけど、でもサビは全員で歌わせるべきか? それより何より人選が適当すぎる。実績解除のために三人並べただけの奴を使ったのが間違いすぎる(だからユニット名はデフォのナムコエンジェル)

コーディネイト、うーん、羽は安易な感じがして使いたくないんだけどねえ。でもまあ、いっか、みたいな。妥協? 似合ってればいいということで。似合ってるよ。 そしてDLCでアクセ買い漁りたい気分がよくわかった。ていうかこのまんま遊んでると、間違いなくそのうち買うでしょう。こ、これがアイマス商法か!逃れられない!逃れられない!ヤバい。危険。

それにしても、HUDを消したリプレイを見てると感動するね。俺カメラワークの素敵さに(笑) というのはともかくとしても、音ゲープレイ時だと忙しくて全然見れないからねえ。見てると死ぬし。何とか画面を邪魔しないで音ゲーとして成立させられなかったのかなあ、本当に本当に残念でならない。つーか、せめてもう少しHUD小さくしろよ。

それにしてもそれにしても、Stage6が死んだのが残念でならない。しょうがないので1280×720動画も作ったけど完全に個人用ですよ。別に誰も見たくないよ、とかそういう問題じゃあなく、どうせ見せるなら私はハイヴィジョン画質で見せたいんですよー。本当は60fpsでヌメヌメで見せたいんですよ-。こんちくせう。

とりあえず、L4Uは満足度の高いゲームですよ、と。投げ売りされてるので、絶対に買うべき。面白い面白い。淡々と音ゲーだけやってると不満度高くなってしまうので、気を抜いてパートエディットとか撮影とかコーディネイトとかに精を出せば何もかもを許せるよ。

B000XUGLAKアイドルマスター ライブフォーユー!(オリジナルアニメDVD同梱版) 特典 L4U!(ライブフォーユー)新曲ダウンロードカード付き

ナムコ 2008-02-28
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

はぢめてのフルコンボ

2週間も放置してしまいました。Xbox360もあまり起動せずな状態だと書くことが、なくもなくあるにはあったのに放置。そんなわけなのでamazonで投げ売り万歳なL4Uを買いました。Vegas2をスルーしてL4Uを買うところに罪悪感が……。いえいえ、それこそが日本人というものです。

よく指摘されていた通り、思っていたよりも遙かにダンスシーンが見えない。目線は譜面オンリーで見てる暇なし。むしろ素敵なアピールタイムとか視線を奪われて妨害になってる。せっかくの音ゲー史上で類を見ないほどにリッチなゲーム画面を、全く生かせてないのが悲しすぎる。安易に太鼓の達人システムを使いましたとかセコすぎ。やりようは幾らでもあったろうし傑作になる余地だってあるのになあ。守銭奴め。この事実から、DLCで何か買う気は一切なくなってしまった。

というわけで、微妙に食い合わせの悪い音ゲーで、音ゲーとしてもそんな面白い出来じゃあないと思うな!ブンロケのほうが面白いよ!ていうかやっぱ、音ゲーとしてプレイしてると画面が見えないというのが致命的すぎて、ね……。ただ、コーディネイトはやっぱり楽しいですよ。頭にピコピコ星、背面にあくまの尻尾とか似合いすぎて可愛い!アピールとか来るともう可愛さのあまり動揺してミスってしまうよー。

とか何とかで、結局は楽しめるんだからいーぢゃん、という気は少しはする。

それにしてもフルコンボはキッツイ。どうしてもどこか一つをミスってしまって中々達成出来ないで延々格闘すること3時間。もう音ゲーの才能ゼロって感じですねそうですね。しかもようやくフルコンボ達成でばんぢゃーい、と思ったらランキング3000位とか泣ける。3000って……。

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2019

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc