Archive - 2008.07

Gift

30日に配信!嬉しい!嬉しく、ない……。実のところ現在引っ越し準備中で、部屋がかなり解体されてる状態で、当然Xbox360もバラしちゃっているのです。引っ越し作業は31日に行うので、残念ながら配信日はプレイ出来ないのです、あうう。

Geometry Wars Retro Evolved 2

E3中にサプライズ配信とかっていう話もあったけれど、残念ながら8月6日だそうだ。悲しいやらホッとしたような。もし配信されていたらSchizoidやってる時間がなくなってしまうものね、というわけで何とかジオメトリ配信前にSchizoid実績コンプ。この後は無限に続いていくインフィニティチェンバーがあるので、もう少し粘っていこうかと思います。

RAP EXが来たけど絶賛放置中。というか天板の保護ビニールが剥がしにくくて泣いた。ていうか大量に残って凄く汚いです……。汚すぎて使う気がなくしました、でも剥がせません、がっくし。というのはともかくとして、コントローラー脳な上に引きこもりすぎて最後にゲーセンに行ったのは5年ぐらい前だったかしらん、という勢いなのでスティックで全然操作出来なくて泣いた。まあ、ゆっくり矯正していけばいいさあ?

でも、私的にはキャリバー4を買うつもりで注文したので(メインはSTG用ですけど)ジオメトリが8/6に出ることが大決定してしまった今、キャリバー4は買わないことが大決定してしまったので(だってジオメトリが出たら少なくとも一月はジオメトリ以外はやらないもの!)ますます使い道がなくなって困った。ていうかダラダラタラタラ斑鳩でもやる計画もジオメトリの突然な出現により……。

もっと早く発表してくれていれば買わなかったのに(笑)ところで動画、右上に表示されているMRBIZって何かしらん。動画中では0から少しも動いてないだけに気になる。とりあえずちょうど30秒なので、MSKKはテイルズじゃなくてこれでCMを!(笑)

Two Minds, One Goal.

前回の動画がイマイチだったので別のを撮ってみた。ついでに久々にニコニコにアップしたら再生は全然つかないしコメントは全然つかないしで悲惨。というわけで、zoome用の高画質版も作ったけどアップしない。ニコニコのみにします。コメントしてください。で、Schizoidを少しでも普及させてください。普及というか布教というか、存在すら知られていないと思うので、目にとまるようにしてやらないと……。といっても、コメントしづらい動画だし、そもそも魅力を伝えられてないよねえ、ああ。

何か、とーっても売れてない感が漂ってるんだよね。見た目はキャッチーだしゲーム内容も面白いしとっつきやすいのに、おっかしいなあ。もっと評価されるべき。このゲーム、とっても「古き良きアーケードゲーム」的なんだよね。XBLAらしさを存分に感じられる小品。移植タイトルで埋め尽くされる市場じゃなくて、こういうタイトルに溢れた市場であって欲しいな、私は、XBLAは。

リアルアーケードが死んだ今(←勝手に殺すな)アーケードの未来はバーチャルに託された、とか何とかかんとか。XBLAに夢見すぎかしらん。まあ、こういうアーケードっぽい作品は今ではDSとかPSPとか携帯ゲーム機に流れているってのは分かるけど、据え置き機でそういうのがあってもいいぢゃあないか。XBLA愛してる。

とりあえずMSKKはもう少しXBLAタイトルをプッシュしてくれてもいいのに……。インサイドやってるなら、毎週水曜は当日配信XBLAタイトル特集番組にするべき。

Schizoid

ニンジャガ2で一番面白いのは悟りの一面かな。技数が少なくて切羽詰まった状況から、Lv2になって飯綱落としが使える開放感、そして絶望的なボス戦と完璧な流れ。これは本当に面白い。興奮した。でもそこまでかなあ。二面はひたすら飯綱な上に、爪を手に入れてからは飛燕飯綱でもっと最悪。三面はXXY→滅却という完全作業に入り、殲滅戦ときたら退屈極まりない。

ニンジャガ1で一番不満だったのが飯綱落とし最強でつまらん、だったんだけど、結局2も変わりないのねえ。飯綱の効かない敵が多く配備されているけど、そういう敵には最も滅却がしやすい効率的な攻撃をしかけざるを得ないし。使うなといえば使うな、なんだけど理不尽に近いような難易度なので、半ば強制的に「使わざるを得ない」状況に追い込んでいるというのが、つまらなさの最も大きな理由かしらん。まあ、バランス調整失敗の一言で終わってしまうけれど。

敵が大量に出てくるから、どれだけ位置取りに気を遣っても、長いコンボを地上でかけてると攻撃喰らう、というのがダメさの源だよね。おまけに飛び道具の雨あられで、やっぱり地上で攻撃かけてると攻撃喰らってコンボ止まる、と。結局、技が豊富に用意されていようと無敵時間のある攻撃(絶技、飯綱落とし)か、短時間で高威力の攻撃(破損しやすい攻撃+滅却)に偏ってしまう。

というわけで悶々とした気持ちを抱えていた中で神ゲーきたー。Schzoid。これ超面白いので今すぐプレイすべし。とりあえずとっとと体験版やるべき。青の機体は青の敵を体当たりで倒せて、赤の機体は赤の敵を体当たりで倒せる。トリガーもボタンも使わない、操作はアナログスティックのみ。協力プレイで機体を一つ担当するか、もしくは両方の機体を左右のアナログスティックで一人で操作するかの二つ。

一人プレイの、脳みそが捩れるような操作感覚が最高に痺れる。面白い。斑鳩やリブララブル、という喩えはよく聞くので、私は昔フロムが出したくりクリミックスに喩えてやるぜ!まあともかく、くりクリミックスは酷い売り上げにしては、私はゲームとしては結構気に入っていたので、この両スティック一人操作で脳みそパニック系ゲームがまたプレイ出来るのは嬉しい。

協力プレイは協力プレイで、意志の疎通が大変なので、存外一人プレイモードよりも大変だったりして、こっちはこっちで面白い。いやー、良いよ。とても。かなり。めちゃくちゃ。ちなみにGeometry Warsっぽさは少しもない。

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2019

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc