linq.js ver 1.2.0.1 - 少しメソッド追加

ちょっとした、前から足そうと思ってた機能を追加しました。面倒くさくて放置していたのですが、ゴールデンウィーク何もしませんでした記念に追加しました。何もしなかったというか、今更ながらLeft 4 Deadを買って(Xブレードは勿論スルー)、それが面白いの何のでほんと連休はゲームしかしてなかったような。オラタンは操作に馴染めないなあ、とか思ってたんですが段々と感覚を取り戻せたみたいで(まあ、DC版しかプレイしてないんですけどね、回線利用料で月数万吹っ飛んだとか、今考えると泣けます) 当分は楽しめそうです。スペースインベーダーエクストリームは、これから考える。

Times

Repeat(null,10)という書き方をしてforの代用をしていたわけですが、非常にダサかった。ので、それと同効果のメソッドを用意しました。

E.Times("Math.random()", 10) // 10回ランダムを送出
E.Times(function() { return Math.random() }, 10) // 上のはこれの略記方です
E.Times(function() { alert("Hello") }, 5).Force() // 5回Helloはこんな風で、Rubyっぽく?

例によって例はランダムで。まあ、こんな感じに使うと便利かなー、と思います。回数を省くと無限リピートになります。ようするに関数版Repeatなわけです。回数指定は後よりも前のほうがいいよねえ、とか思いつつも、Repeatと同じ感じにしたいというか、すべき(混乱するので、なるべくこういうのは統一したいです)だと思ったので、そんなわけでして。

step

MATLABやHaskellや、なんかにもあるのですが、増減値に1以外の任意の数が選べます。

E.Range(1, 9, 3); // 1,4,7,10,13,16,19,22,25
E.RangeDown(1, 9, 3); // 1,-2,-5,-8,-11,-14,-17,-20,-23
E.RangeTo(1, 9, 3); // 1,4,7
E.RangeDownTo(1, -5, 3); // 1,-2,-5
E.ToInfinity(5, 3).Take(3); // 5,8,11
E.ToNegativeInfinity(5, 3).Take(3); // 5,2,-1

この辺、Rangeの直後にSelectで加工すればいいってだけの話ではあるんですけど、ショートカットが提供されるのも悪くないな、と思います。実際のLINQだってWhere(predicate).First()の短縮としてFirst(predicate)が用意されていたりしますしね。まあ、しかしこれでRangeの増減値に-1を使えるようにしておけば(今は無理です) RangeDownの存在意義が消滅してしまったことは気にしないことにします。

ToJSON

酷くバグッていたので修正。まーたポカミスです。最近、あちらこちらでポカミスを連発していて困りました。もっとちゃんとしたテスト書いておかないとダメですかねー。面倒くさくて簡易的というか手抜きというか、そんなようなテストしか用意していないので役に立っている度は半分ぐらいのようです。こうもクソバグを連発しているようじゃあ、どこがStableなんだよ、って話ではある。すみません。ごめんなさい。とりあえず、今度は、今度こそは大丈夫なはず。

まあしかし、追加はすぐなんですが、そのあとreference書いてtest書いて、ってのがダルくて追加作業を躊躇ってしまうんですよねー。うーん。この辺、もっと自動化というか、手軽に出来る仕組みを整備しないとダメですね。

そういえば、何だかんだでDL数が100を超えていました。ありがとうございます。100っていうのは、偉大な数字ですね。マイルストーンです。ニコニコ動画なんかでもそうで、普通に閲覧者として見ていると再生数1万以下の動画なんて存在しないに等しい、ぐらいの勢いですけれど、実際は1万以下の動画しかうpしてないような人のほうが多いんですから!遥かに!というような世界が見えます。で、それはそれで、幸せなのです。そもそもの目標が二桁であったことを考えると、三桁というのは嬉しい数字です。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2009/05/07_156.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2021

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc