linq.tools.js

更新しました。今回は本体じゃなくて、ユーティリティスクリプトの追加が更新内容になります。少し便利なあると嬉しいちょっとした関数群をlinq.jsを使って。つまりそれってようするにただのサンプル……とは言ってはいけません。実際問題、sampleフォルダに入れちゃってますけどね!

中身は前回のテンプレート置換、配列を使って文字列を追加するStringBuilder、HTMLタグのエスケープをするHtmlEncode/Decode、クエリストリングをオブジェクトに変換するParseQueryStringとオブジェクトをクエリストリングに変換するToQueryString、そして書式を利用してDateを文字列に変換するDateFormatと文字列からDateに変換するDateParse。

詳しくは同梱のリファレンスを参照してください。それだけでもアレなので中身を幾つか。

Linq.Tools.HttpUtility.ParseQueryString = function(query)
{
    return E.From(query.split('?'))
        .SelectMany("$.split('&')", "a,b=>b.split('=')")
        .Where("$.length == 2")
        .ToObject("decodeURIComponent($[0])", "decodeURIComponent($[1])");
}

と、こんな感じでLinqを活用しています。?でバラして&でバラして=でバラしてオブジェクトに変換、と、QueryStringを見てまんま、思考のまんまに記述出来ます。便利便利。こういうのは個人的にもうforで書きたくないのですが、どうでしょう。

DateFormat / DateParse

Linq.Tools.DateFormat(date, format)はその名の通り、書式に基づいて日付を文字列に変換します。このぐらい標準で用意してあるといいのになあ……。formatは大体C#のに従う感じで、それなりに豊富。曜日も出せます。

Linq.Tools.DateFormat = function(date, format)
{
	// 変数準備部省略
 
    var PadZero = function(str, width)
    {
        var count = width - str.length;
        return E.Repeat("0", count).ToString() + str;
    };
 
    var formatDict =
    {
        yyyy: year,
        yy: year.substring(2),
        y: year.substring(3),
        MM: PadZero(month, 2),
        M: month,
        dd: PadZero(day, 2),
        d: day,
		// 以下略
    };
 
    var regex = new RegExp(E.From(formatDict).Select("$.Key").ToString("|"), "g");
    return format.replace(regex, function(m) { return formatDict[m] });
}

変数部分がダラダラ長いので省略してます。0埋め関数が地味にLINQ。で、中身はいつものマンネリな手口です。置換用辞書作って、キー抜き出して正規表現作って、置換する。というだけです。実質二行。辞書の持ち方が若干富豪ですが、この程度なら全然気にならないでしょふ。あ、正規表現はこれだと順序が大事なので(yyyyの前にyyがマッチングされては困る)オブジェクトのキーを並べるやり方だと少し不安だけど、まあ、大丈夫でしょう!辞書の中身が動かないのだから、別に動的生成する必要は全くないどころか百害あって一理無しなのですが、それもまあ、無視黙殺。

var day = Linq.Tools.DateParse("2009-11-12 131034", "yyyy-MM-dd hhmmss");
var str = Linq.Tools.DateFormat(day, "yyyy/MM/dd HH:mm:ss");

FormatがあったらParseもセットだよね、ということでParseも作りました。更に手抜きで、桁数が揃っていないと変換出来ません。だから使えるのはyyyy|MM|dd|HH|mm|ssだけです。hhはダメです。紛らわしくてすみません。あと、動作はyyyyとかのフォーマット文字しか見てないので、それ以外は何だっていいです。_でも空白でも、文字数だけ合わせれば動きます。とても適当。ソースも実にスッカスカ。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2009/05/16_159.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2021

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc