最もタメになる「初心者用言語」はVisualStudio(言語?)

本題、に入る前にlinq.jsの更新内容を。今回からVisualStudio上でJavaScriptを書く際にIntelliSense(コード補完)のサポートが効くようになりました。これでもうリファレンスと睨めっこしなくてもすみます。IntelliSenseが出てくれば使えて、出てこなければ使えない。引数の型までは補完してくれませんが、メソッドチェーンに関しては100%信頼出来ます。利用するにはVisualStudio2008 SP1と対応パッチをあてる必要があります。私はProfessionalで確認していますが、Express Editionでも行けると思います。

もう一つ、linq.xml.jsのほうは、今回からXML/DOMの関数型構築が可能になりました(関数型構築の詳細は前回記事を参照ください)。それに伴い実例として、同梱してあるTwitterビューアサンプルも関数型構築に、ついでに@usernameにアンカーを張るように変更しました。

DOM構築時にLinqクエリを埋め込めると何が便利なの?のサンプル。全体像(obj.textって何だよ、とか)は同梱のものを見てください。obj.textは「@hoge hugahuga @foo hogehoge」な感じ(ようはTwitterの投稿の本文)で、文字列置換なら@usernameをa hrefで囲むだけだけど、DOMでやるにはどうしよう→全部マッチさせちゃえばいいぢゃない、それならSelectで射影すると楽ですね、という流れ。E.Matchesはキャプチャ付きの正規表現グローバルマッチが気楽に使えて非常に便利。

VisualStudioの薦め

以前に最もタメになる「初心者用言語」は、という話題で盛り上がっていたけれど、その時JavaScriptを挙げた人の多くが開発環境を入れる必要なく、テキストエディタがあればそれだけで始められるから、といったものが多かったけど、正直どうかなー、と思っていました。1年以上前のネタに今頃乗っかるのって感じですが今頃乗っかてみます。

初心者は、使えるメソッドが分からないから一々リファレンスを引くのに手間取るし(私は今だって文字列のsubstrとsubstringで悩む、特にJavaScriptはこの手の罠が多いし)、しょうもないタイプミス(大文字小文字とか)に悩まされてプログラムが動かない。演算子やカッコにスペースを空ければいいのかどうかも悩むし、一々手で直すのは手間だけど直さなければ汚いし……。

言語の学習って、特に最初はとにかく書くこと、それが最も覚えやすいと思うのです。リファレンスを引く時間も、手動でスペースを空ける時間も、言語の学習とは全く関係ない余計な時間です。限りなくゼロに近づけた方が良い。リファレンスを引く時間がゼロならば、その分だけ書く作業に時間を回せます。だから、テキストエディタじゃなくIDEを使おう。入力補完は一々リファレンスを引く必要もなく使えるメソッドをリストアップしてくれるし、ヘルプを見る必要もなくメソッドの解説が書かれている。補完があるからタイプミスも起こらないし、「長くてもいいから良い名前を付ける」習慣もつく。インデントだのスペースだのカッコの段落だのは、全てドキュメントフォーマッタ(VSではCtrl+E,D)で機械に任せるのが、完璧で綺麗で、何より手間がかからない。

そんなことより前に、そもそもforで変数がどう移り変わっているのかもよくわからないし。デバッガ、あったほうがいいでしょう、絶対に。あるのとないのとでは学習速度の桁が違ってくる。Firebugがあるって?いや、Firebugは確認用には物凄く便利だけど、それの上で開発とか辛くない?私は無理でした。ついでに言えば、Firebugインストールする手間もVisualStudioをインストールする手間も一緒。

Microsoft Visual StudioはWebインストールを選べば何の手間もいらずダウンロードされ、そのままインストールに入り30分程度で終わる(ダイアログの「はい」を押して待つすだけです、Eclipseと違って何入れればいいか、プラグインがどうのこうの、で悩む必要なくそのものがAll in One)、VSの使い方を知るのに30分。周囲に使える人がいれば、勘所を聞くだけで済むので10分。別に何も最初から全てを知る必要はなく、ダミーのASP.NETプロジェクト作って、F9でブレークポイント設定してF5でデバッグ実行してウォッチウィンドウで変数を監視する。それだけ分かれば十二分です(そこを分かるまでが辛い、というのはあります、分かっている人が横にいれば1分で済む話なのに、こんな初歩的な情報はあまりネットに転がってないから分かりようがない。需要がありそうなら書きますが……)

jQueryにも使える

jQuery大人気! やっぱjQueryが使えないとね!と、で、VisualStudioはjQueryに、jQueryオフィシャルが対応しています。どういうことか、というとjQueryのダウンロードページを見てください。Release NoetsとMinifiedとUncompressedと、Documentation: Visual Studio。そう、この公式に配布されているjquery-vsdoc.jsを使う(jquery.jsと同じディレクトリに置くだけです)と、VS上で丁寧に書かれた解説付きの入力補完が効くようになります。

jQueryの特徴といったらメソッドチェーン。ドット打つとの候補が出てくる出てくる、という感覚はとても楽しい。その楽しさを更に加速させるのがIntelliSense。メソッド名何だっけ、引数は何を取るんだっけ、と悩むこともない。ドット打って選ぶだけ。処理の本質部分だけに集中できる。

そういえばオブジェクトっぽい話が分かるかもしれないJavaScript講座が大人気ですけれど、便乗して言うとjQuery使うなら、まずVisual Studio、があれば、もうあとはドット打つだけなので何も考えないでもいいぐらい。んーと、本題はオブジェクトっぽい話、ですけれど、アレですね、何のかんのでオライリーのJavaScript 第5版を読むのが一番分かりやすかった。ケチッてWeb上のチュートリアルをブクマして読んで、なんてやるよりも、この場合は黙って金出して本読むのが時間の節約にも、得られる知識の濃さ的にもよろしいかと思われます。

amazonついでにLINQ本も張っておきます。LINQ本は以前に「LINQテクノロジ入門」という薄い本が出ているのですが、ほとんどLinq to Sqlのことしか書いていないので、少し高いのですが本で学ぶのならこちらの、プログラミングLINQのほうが良いです。初級-中級的にはLinq in Actionのほうがお薦めなのですが翻訳されてないしされる気配もなさそうですね、残念。そうそう、linq.jsも宜しくお願いします。 C#との高い互換性と、リファレンスにおいてあるLINQ Padはリアルタイムに動作を確認可能、なので学習用途ならかなりイイと思います。パフォーマンスは?実装がヘコい?是非とも突っ込みを!

入力補完の嬉しさ

まんじゅうの例を借りると、prototypeにメソッド突っ込んでオブジェクトほにゃららで何が嬉しいのか、というと、入力補完が効く。使えるメソッドがドット打つだけで出てくるし手入力する必要ない。jQueryのようにヘルプは出てきませんが、補完はちゃんと効くのです。同様に何のメソッドがあるのかさっぱり分からないDOM要素に対しても動くし、紛らわしさ全開な文字列に対しても効きます、便利便利。こうして眺めてると、知らないメソッドがあったりして勉強にもなる。

ところで突然C#の話に移って同様に、ポリモーフィズムで何が嬉しいの→入力補完が効く。ジェネリクスの何が嬉しいの→入力補完が効く。動的言語じゃなくて静型な型付け言語(C#とかJavaとか)の何が嬉しいの?→入力補完が超完璧に効く。型推論の何が嬉しいの?→入力補完が超完璧に効く上に更に型を入力する手間も最小限に抑えられる。

// これをそれぞれ二乗する
int[] array = { 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 };
// C# 2.0ではこんなクソみたいなコードが
int[] c2 = Array.ConvertAll<int, int>(array, delegate(int i) { return i * i; });
// C# 3.0ではこんなに短く! Rubyっぽく見えませんか?
var c3 = array.Select(i => i * i);

C#2.0だと、本質的な記述部分(i x i)以外の量の方が死ぬほど多くなってしまい、これじゃ嫌われて然りであり動的言語に行きたくもなる。何個intを書かせるんだよボケ、intなんて自明なんだよクソがって感じです。けれど、C#3.0からの型推論+ラムダ式があればとてもすっきりした上に、ちゃんと補完が効く(i x iを記述している最中もiがintであることを示してくれる)ので物凄く書きやすい。JavaScriptもいいけどC#も良いです。無名関数を愛するJavaScripterならC#のラムダ式はもっと愛せると思います(ウザいカッコとreturnが必要ないので)

C#は特にWindows用のデスクトップアプリケーションを作るなら、作りやすさで言えばベスト。.NET Frameworkは嫌だ?やっぱC++でしょって?うーん、ゲームを作るんでもないならC++の性能は必要ないし、作りやすさでいったらC#>超えられない壁>C++ですよ。C#は開発者に優しいゆるふわ言語。C++はF1マシン、とっても扱いにくいけど凄く速い。C#はプリウス。実用性と最先端ハイテクのバランスが絶妙。そもそも公道をF1カーで走ることが無茶苦茶なのです、公道はプリウスで十分どころか、むしろベストというもの。何にでも、適した領域というものがある。

しかも今C#を覚えると、もれなくSilverlightも付いてきます(Flashの開発言語がActionScriptであるように、Silverlightの主な開発言語はC#)。Flashに勝てるわけないだろヴァーカって?何にせよとりあえずツバだけでもつけておくと生きやすいかなーって思いません?Flash業界なんてレッドオーシャンもいいとこ、今から飛び込むならSilverlight。Microsoftは本気なのであっさりと消滅することはないでしょう。本気の時のMicrosoftはとってもしぶとくしつこい。

でもまあ、そんな云々はどうでもよくて、普通にLINQ楽しいですよ!が一番に言いたいことです。ええ、LINQ楽しい。LINQがあるからC#万歳だし、LINQがなくても作ったのでJavaScriptも万歳。linq.jsは初回リリース時にチュートリアルめいたものが書いてあるので、よければどうぞ、というかお願いしますお願いします。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2009/06/06_164.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for .NET(C#)

April 2011
|
March 2017

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc