LinqとCountの効率

IEnumerableを受け取ってのReverse(), Count(), ElementAt(), Last()は普通に考えると先頭から舐めるので効率がよろしくない。じゃあLinqの実装はどうなってるかというとSystem.Core.dllを眺めると

// Reverse
ICollection<TElement> is2 = source as ICollection<TElement>;
// ElementAt
IList<TSource> list = source as IList<TSource>;
// Count
ICollection<TSource> is2 = source as ICollection<TSource>;
// Last
IList<TSource> list = source as IList<TSource>;

というわけで、IListを実装しているものなら、ちゃんと変換してくれているので大丈夫。Count()なんかは普通にLength/Countを使うから別にどうでもいいって話なのですが、Last()は[hoge.Length - 1]って書くのは嫌なので、こうして安心して使えると嬉しい話。まあ、こんなことは過去何回も話題に上っているのですが、一応自分で確認しておかないとね、ということで。

MSDNのCountの説明にはICollectionを実装してるとそれ使う、って書いてあるけど、Lastのページには何も書いていなくて困ります。内部でisだのasだのやってゴニョゴニョしてるのなら、そのことも全部記載して欲しいなあ。

といったことを何故突然というと、C#にもほしい ~rubyのeach_with_index~ - SEの勉強日記という記事を見かけたので。Count()のうえにElementAt()のラッシュというのは、IListだけならいいんですけどIEnumerableで拡張メソッドを作っているので、少しよろしくない。

public static class Extension
{
    public static void ForEach<T>(this IEnumerable<T> source, Action<T> action)
    {
        foreach (var item in source)
        {
            action(item);
        }
    }
 
    public static void ForEach<T>(this IEnumerable<T> source, Action<T, int> action)
    {
        var index = 0;
        foreach (var item in source)
        {
            action(item, index++);
        }
    }
}
 
class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        Enumerable.Range(5, 6).ForEach((item, index) =>
            Console.WriteLine("item={0} index={1}", item, index));
    }
}

という風にしたほうがいいと思われます。まあ、あと、new List()なんてやるぐらいなら.ToList()かしらん。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2009/07/21_178.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for .NET(C#)

April 2011
|
March 2017

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc