linq.js :: Next

音沙汰のないlinq.jsなんですが、現在はWindows Script Host対応を進めています。対応といっても数カ所書き換えるだけなんですけど、それに合わせてWSH用のラッパーライブラリを書いているので、それに時間を取られてる感じです。基本的にはほんと薄いラッパーで、列挙処理がlinq.jsに渡せるのでそっちで好きに処理してね、という方向なので機能面での補助は一切なく別にすぐ出来上がるというかもうほとんど出来てるんですが、IntelliSenseを聞かせるためのvs-doc書きに物凄く時間喰われています。とにかくIntelliSense命な私は、IntelliSenseが動かないものなんて書きたくない!なければ自分でIntelliSenseを書く!という意味不明な方向で頑張ってます。

画像の一枚目は一週間前のものなので、現在はW.ToLinqは廃止して、E.Fromで動くようになってます。何のこっちゃ。

このご時世、WSHなんて下火、これからはPowerShellだよねー、って感じですが、それでも私はWSHで頑張る! WSHでLinq書けるのかゴルァ、を合い言葉に。JavaScript好きだし。まあ、素のJScriptだとEnumeratorを被せなきゃいけなくて列挙処理がゴミで使う気になれないのは確かなのですが、そこをlinq.jsがあれば何とか出来るわけなので、全然WSHは現役で行ける、Windows7時代でも全然行ける、と思います、思いたいです。まあ、あとWindowsサイドバーガジェット(デスクトップガジェット)にも使えるので、もうちっと踏ん張っていきたいな、というところ。Web系で頑張るのは無意味なのでニッチを狙いだしたとかそういうことではありま、す。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2009/08/02_182.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2021

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc