C#から使うMicrosoft Ajax MinifierでのJavaScriptコード圧縮

いつのまにか独立してCodePlex入りしているMicrosoft Ajax Minifier。その名の通り、Microsoft謹製のJavaScript/CSSの圧縮/整形ツールです。発表からすぐに、GoogleのClosure Compilerが出てしまったのですっかり影も薄く、ていうか名前悪いよね、Ajax関係ないじゃん……。CodePlexのプロジェクトページも何だか活気ない寂れた感じで、あーあ、といった趣。良いツールなんですけどねえ。

コマンドライン版とDLL版が用意されていて、コマンドラインの、単体で実行可能なexeの解説は【ハウツー】Microsoft Ajax MinifierでJavaScriptを縮小化しようで解説されているので、DLL版の使い方を簡単に解説します。

C#が使える人ならばDLL版のほうが遥かに使いやすかったりして。設定をダラダラと引数を連ねるのではなく、オブジェクト初期化子とenumで出来るので、そう、IntelliSenseが効くわけです。ヘルプ要らずで書けるのは快適。Visual Studioは偉大だなぁ。コマンドライン, PowerShellを捨て、VSのConsoleApplicationを常に立ち上げよう。実際、ちょっとしたテキスト処理とかC#で書いちゃうんですよねえ、私。Linqが楽だから。

Minifierオブジェクトを作ってMinifyJavaScript(CSSの場合はMinifyStyleSheet)メソッドを実行するだけなので、コード見たほうが早いかな。例としてlinq.jsをlinq.min.jsに圧縮します。そして、解析されたWarningをコンソールに表示します。ただの圧縮だけでなく、このコード分析機能が実にありがたい。

using System;
using System.IO;
using Microsoft.Ajax.Utilities;
 
class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        var minifier = new Minifier
        {
            WarningLevel = 3, // 最大4。4はウザいのが多いので3がいいね。
            FileName = "linq.js" // エラー表示用に使うだけなので、なくてもいい
        };
 
        var settings = new CodeSettings // CSSの場合はCSSSettings
        {
            LocalRenaming = LocalRenaming.CrunchAll,
            OutputMode = OutputMode.SingleLine, // MultiLineにすると整形
            IndentSize = 4, // SingleLineの時は意味なし
            CollapseToLiteral = true,
            CombineDuplicateLiterals = true
            // その他いろいろ(それぞれの意味はIntelliSenseのsummaryを読めば分かるね!)
        };
 
        var load = System.IO.File.ReadAllText(@"linq.js"); // 読み込み
 
        // 最後の引数はグローバル領域に何の変数が定義されてるか指定するもの
        // 別になくても構わないんだけど、warningに出るので多少は指定しておく
        var result = minifier.MinifyJavaScript(load, settings, "Enumerable", "Enumerator", "JSON", "console", "$", "jQuery");
 
        // Warningで発見されたエラーはErrorsに格納されてる
        foreach (var item in minifier.Errors)
        {
            Console.WriteLine(item);
        }
 
        File.WriteAllText("linq.min.js", result); // 書き出し
        Console.WriteLine();
        Console.WriteLine("Original:" + new FileInfo("linq.js").Length / 1024 + "KB");
        Console.WriteLine("Minified:" + new FileInfo("linq.min.js").Length / 1024 + "KB");
    }
}

二つエラー出てますね。変数がvarで宣言されてないそうです。つまり、コードがその行通ると変数がグローバルに置かれてしまいます。確認したら、OrderBy実行したらsortContextという変数がグローバルに飛んでしまってました。ええ、つまりバグと言っていいです。……。あうあう、すみません、直します。これからは必ずAjax Minifierの分析を通してから公開しよう。どうでもよくどうでもよくないんですがlinq.jsもアップデートすべきことが結構溜まってるので近いうちには……。

というわけで、Ajax Minifierの偉大さが分かりました。素晴らしい!みんな使おう!DLLの形になっているので、T4 Templateと混ぜたりなどもしやすく、夢が膨らむ。minifyだけでなく、JSのパーサーとして抽象構文木を取り出したりなども出来ます。

WebでGUIでサクッと実行できる環境とかあるといいと思うんですよね。それこそDLLになっているので、Silverlightならすぐ作れるわけですし。誰か作ればいいのに。いや、お前が作れよって話なんですが。Ajax Minifierが出てすぐの頃に作ろうとしてお蔵入りしちゃったんだよね、ふーみぅ。そうそう、あと、VSと統合されて欲しい!このWarningは大変強力なので、その場でVSのエラー一覧に表示して欲しいぐらい。今のVSのエラー表示はWarningLevelで言うところの1ぐらいで警告出してくれて、それはそれで良い感じなんですが、やっぱこう、もっとビシッと言って欲しいわけですよ。

ワンクリックで整形/圧縮してくれるのとエラー一覧表示が出来るようなVisual Studio拡張を誰か作って欲しいなあ。いやー、本気で欲しいので、とりあえず私も自分で作ってみようと思い、VS2010 SDKは入れてみた。気力が折れてなければ来月ぐらいには公開、したい、です、予定は未定のやるやる詐欺ですががが。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2010/09/09_275.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc