linq.js ver.3.0.2-RC, WinRT対応、最新RxJS対応など

RCリリースしました!これでAPI弄りは終了で、あとはドキュメント周りの調整のみといったところです。

ダウンロードはダウンロードボタンからではなく、ダウンロードタブからlinq.js ver.3.0.2-RCを選択してください。というかここからダイレクトに飛んでください

Beta2から結構立ちましたが、その間に、ノートPCがぶっ壊れたり(今もサポートで修理中、ちょうどうっかり未Pushなコミットが溜まってた状態で逝ってしまったのが痛手でどぅーにもこーにも)、そもそも日本にいなかったり(シンガポールにいましたというか、今は日本にいますが、これからは基本的にシンガポール中心になる感)とか、まぁ色々で色々で捗らずで。

さて、その間でもないですが、プログラミング生放送で8/25にセッションを持ちまして、そこでlinq.js ver.3の紹介をしましたので、スライド・録画ともどもにどうぞ。

linq.js ver.3 and JavaScript in Visual Studio 2012 from neuecc

Visual Studio 2012はJavaScript関係がハイパー強化されているのですけれど、そのビッグウェーブにフルに乗っかって強力なんだぞ!みたいな。そういったVS2012のパワーとかの部分は、デモの比率が高いので、時間に余裕があれば、是非とも録画を見ていただけると嬉しいです。

あと、こそっとLINQ to XMLのアナウンスを、こそっと、ね。ふふり。

あ、そうだ、スライドに関しては一点、嘘があります。VS2012にはjQueryのIntelliSenseドキュメントの日本語版は入っていません。英語のみです。本当にごめんなさい、これ、確認していなくて、VS2010では日本語訳されたのが入ってたからそうなんだろうなあ、とか思ってたのですが、そんなことはなかったです。予算的な都合なのでしょうか……?ともあれ、申し訳ありませんでした。

更新事項

今回も破壊的変更が入っていて、firstOrDefault, lastOrDefault, singleOrDefaultの引数が変わりました。

// 以前
.firstOrDefault(defaultValue, [predicate]);
 
// これから
.firstOrDefault([predicate], [defaultValue]);

です。ようするに引数が逆になりました。predicateが先にあるのがC#のLINQと同じ並び順なわけで、ここだけ、何故かlinq.jsはC#に従ってなかったのですね。理由としてはJavaScriptにはdefault(T)は存在しないのでdefaultValueの指定を強制するために、第一引数に持ってきてやらなければならない。と、当時、3年前は思ってたらしーんですが、別に普通にないならないでnullでいいだろ馬鹿が、むしろ引数がこれだけ違うとか紛らわしいだろクソが。ということにやっと至りまして、変えられるのは今しかない!ということで変えました。

コードスニペット

そういえば3.0.1-Beta2のリリース時にはブログ書いてませんでしたが、そこでコードスニペットを改良したのを入れました。linq.js ver.2に同梱してたものよりずっと良くなってるのでリプレースするといいです。非常に捗ります。というか、もうこれなしで書く気しないぐらいに。

RxJS

Reactive Extensions for JavaScript(RxJS)がオープンソースになりました、完全にソースコード公開です、ぱちぱちぱち。今まではScriptSharpで変換してたような気配だったのですが、完全手書きに移行したようです。

それに伴ってlinq.jsのRxJS連携も、若干手を加えました。ところで、今のところNuGetにあがっているものは、GitHubの最新に追随してません。古いままです。なので、NuGet版だとlinq.jsのRxJS連携は動かなかったりします(ビミョーに中身変わってるんですよ、いやはや……)

今のところ新RxJSに関してはリリースとかも打たれていないので、ステータスがどうなっているのか、よくわかりません。まあ、近日中に、かなあ?どうなのでしょうね。とりあえず、動向には注目、ということで。

WinMD

Windows 8のアプリケーション(Metroとは言えなくなりました!)はJavaScriptでも開発できるわけでして&C++やC#で作成されたライブラリも条件付きというか専用のコンポーネントとして作れば、JavaScriptでも読み込むことができます。 コレクション周り、IList<T>はJavaScriptでは配列として扱えます。なので、これは何もなく普通に列挙できるし、今までのlinq.jsでも扱うことができました。しかし、IEnumerable<T>はIIterable<T>というものに化け、これは独特の列挙の仕方を要求するため、フツーには扱いづらく、また、今までのlinq.jsでも使えませんでした。

が、ver.3.0.2-RCからは、IIterable<T>対応を入れたので、列挙可能です!

// IIterable<T>を列挙できるのはlinq.jsだけ!
var iterable = ToaruLib.GetIterable();
Enumerable.from(iterable).forEach();

WSH(JScript)対応といい、Windows固有のニッチ需要に100%応えるのはlinq.jsだけ。いやほんと。

文字列ラムダと無名関数

これは今までもの話なのですが、文字列ラムダに抵抗あるー、というのは分かります。しかし、無名関数を渡すこともできますぜ、というのは、分かって欲しいというか、利用シーンとしては半々なイメージなんですよね。例えばですが二つのJSONをJoinするのに

var jsArrayA = [{ "projectid": 122, "projecttype": "radio" },{ "projectid": 133, "projecttype": "tv" }];
 
var jsArrayB = [ { "actionid": 1, "name": "kuow", "pid": 122 }, { "actionid": 2, "name": "kplu", "pid": 122 }, { "actionid": 3, "name": "abc", "pid": 133 }, { "actionid": 4, "name": "espn", "pid": 133 } ];
 
var queryResult = Enumerable.from(jsArrayA)
    .join(jsArrayB, "$.projectid", "$.pid", function (a, b) {
        return {
            projectid: a.projectid,
            projecttype: a.projecttype,
            actionid: b.actionid,
            name: b.name,
            pid: b.pid
        }
    })
    .toArray();

これ、全部、無名関数で書くことも可能です。”$.projectid”をfunction(x){ return x.projectid} と書けばいいので。”$.pid”の部分もそうです。でも、それってすごくだるいですよね。

LINQはプロパティ名を指定するだけの無名関数を要求するシーンが多いです。どうせ、JavaScriptは動的言語、コンパイルチェックも働かないのですから、文字列で指定しても一緒でしょう。また、これは、jQueryのセレクターと同じようなものです。そう考えれば、文字列指定にもさして抵抗感はないのではないでしょうか?短くサラッと文字列でプロパティ名を指定したほうが、書きやすいし可読性も高いです。

同様に、最後のJOIN結果を新しいオブジェクトに変換しているところは、文字列ラムダで書くことも可能です。”{projectid:$.projectid, projecttype:$.projecttype,….}”といったように。でも、それって今度は逆にとても見づらくて可読性落ちますよね。長いコード、入り組んだコードになるようならば、素直に無名関数を使ってもらうのがいいな、と思っています。

次回

次は正式リリースです!いつになるかは、いつになるかしらん!8月末が正式リリースのつもりだったのに、一か月遅れでRCリリースですからねえ、んもぅー。ともあれ、間違いなく良い出来になっているので、楽しみにしてください。で、もうその前にRCじゃんじゃん使ってくだしあ。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2012/09/16_381.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for .NET(C#)

April 2011
|
March 2017

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc