NotifyPropertyChangedGenerator - RoslynによるVS2015時代の変更通知プロパティの書き方

半月前にIntroduction to NotifyPropertyChangedGeneratorというタイトルでセッションしてきました。

Introduction to NotifyPropertyChangedGenerator from Yoshifumi Kawai

コードはGitHubで公開しているのと、NuGetでインストールもできます。

なにかというとVS2015のRoslynでのAnalyzerです。AnalyzerというとStyle Copに毛の生えたようなもの、をイメージしてしまうかもなのですが、全くそれだけじゃなく、真価はコードジェネレーターのほうにあると思っています。コンパイラでのエラーや警告も出せて、自然にVSやプロジェクトと統合されることから、Compiler Extension + Code Generatorとして私は捉えています。その例としてのINotifyPropertyChangedの生成となります。

POMO

Plain Old MVVM Object(笑)を定着させたいという意図は特にないのですが、割と語感が気に入ったので使ってみまふ。まぁとはいえ、やっぱ変更通知プロパティ程度で基底クラスを継承させるのは、そんなによろしいことではない、という認識はあるかなぁ、と。そのためのアプローチとして、こういったものが現実解にはなってくると思います、VS2015時代では。

さて、ちょうどufcppさんが【Roslynメタプログラミング】ValueChangedGaneratorを公開されました。アプローチが異なるわけですが、結構好みも出てくるかな、と思います。特に違いはpartialで外部ファイルに隔離 or 同一ファイル内で成形、は根本的に違うかもです。私はあまりpartialって好きではなくて、というのも結構迷子になるんですよね。いや、partial自体は素晴らしい機構でT4生成の時などに捗るんですが、このINotifyPropertyChanged程度のものでファイル分離されると、ファイル数が膨大になって、ちょっと……。また、プロパティのようなコードで触るものが外のファイルにあるのも、綺麗にはなるものの見通しは低下してしまうのではないかなあ、と。まぁ、この辺は良し悪しというかは好みかなー、といった感ですね。

色々なアプローチが考えられると思うので、色々試してみるのが良いと思います、Analyzer、可能性あって面白いです。ぜひ触ってみてくださいな。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2015/06/13_513.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc