2015年を振り返る

振り返るシリーズ第四弾。去年の目標は

テーマは「クライアントサイドとサーバーサイドをC#で統一することのメリットの実証」「さらにリアルタイムネットワークもC#で統一」「のためのヒットアプリケーションの創出」です。指向はあんま変わってないんですが、より具体的に。来年は動く年かな、といったところ

ようするに会社(グラニ/CTO)でゲーム出して実証する。であり、結果としては……。はい。なので、本当に来年こそはね。というところです。

C#

今年はVS2015のリリースということもあり、かなりRoslynに傾倒しました。その集大成としてのまとめは実例からみるC#でのメタプログラミング用法集にスライドで出してますが、その後にもAnalyzerだけではなく、Roslyn C# Scriptingによる実行できるコンフィグの手法と実活用例Workspace APIを使ったプロジェクトコードからのT4生成での応用例といった形で、ただたんに触ってみた、ではなくて、実用的にどう使えるのか、の応用例をきっちり掲示できたんじゃないかと思います。これらの話は実際に使っているもので、便利、かつ世界が広がったのは確かなので、Roslynはこれからどんどん応用的に使われるといいかな。

また、いつになくライブラリ書いてました。会社で必要だから作ってったという面も大きいんですけれど、こうして並べると、実際結構やりましたね、えらいえらい。

まずAPIサーバーとしてLightNodeという自家製フレームワークを採用しているので、Glimpse対応Swagger対応を入れてます。この対応は大正解で、もはやGlimpseとSwaggerなしでAPI開発していくのは無理ゲーとすら思える。超絶便利。Glimpseは主要開発者がMicrosoft入りしてより専任して開発することになったのと、Swaggerはもはやウェッブ標準といってもいい立ち位置を確立したということで、どちらもメジャーなテクノロジとなったことも含めて、技術選定にも成功したと言えるでせう。ASP.NET 5がまだまだ時間かかるので様子見したのも含めて、現状での最適解ではあるんじゃないかな、と。

RedisライブラリのCloudStructuresもGlimpse対応とStackExchange.Redis対応によって、相当リッチなものになりました。特にGlimpseのは相当気合入れたので充実してて実用度超絶高い。とはいえ本体部分は原則的には薄いラッパーなので、粛々とやってきます、というところですね。

LINQ to BigQueryはLINQPad Driverを作りました!これで実用度が飛躍的に上がりました。世間的にもデータ分析はBigQueryで決まりだよね!という流れが出来上がった年なわけですが、ここも乗り遅れずというか、むしろ引っ張る側に回れたのではないかと自負するところです。あとLINQPadにも相当詳しくなった。

今年最後の新顔はEtwStreamで、↑でLINQPadに詳しくなった結果、応用例が頭に浮かんで一気に実用に載せられました。ETW(Event Tracing for Windows)のビューアーとしてまともに使える世界唯一の解といっても過言ではない(むしろ今までのフベンサがヤバすぎた……)。年末にはRoslyn C# Scriptingによる実行できるコンフィグというコンセプトを打ち出したOut-of-Process Serviceも追加していて、来年はこれの稼働実績を作っていきたいところです。

変わり種だけど誰にとっても実用度100億なのはOpen on GitHubというVS拡張で、もはやこれなしでぎっはぶでコミュニケーションを取るのは無理なのでは疑惑もあるほどに神拡張。地味に12/29にVer 1.4.0のアップデート出してます。

そしてUniRx。今年はお陰様で大躍進の年で、GitHubスター順でも、GitHubで公開されてるUnity用ライブラリでは世界4位と、中々に中々の感じで、いやほんと良かった。

年の始めではReacitvePropertyやPresenterBaseの導入によるModel-View-(Reactive)Presenterというコンセプトの確立が地味に大きめ(ちなみに私は設計とかってこのレベルの話こそ最も大事だと思ってて、コードを小奇麗にするようなレベルの話は設計、ですかねえ?とは思ってる)。真ん中でObservableTriggers、そして年末駆け込みのUniRx 5.0で完全書き直しによるパフォーマンスとデバッガビリティの向上。もはやUniRxなしで書けと言われると困りすぎるぐらいに必要不可欠な存在となれました。

UniRxが成功したポイントは、Reactive Extensions自体が素晴らしいコンセプトで実績もある、というのも勿論そうなんですが、UniRx自体の、Unityへフィットさせるための繋ぎ方の工夫の面も大きいとは自負してます。あまり頭でっかちにならずに柔軟に作り込めたのが良かった。ReacitvePropertyなんかも、実装はシンプルですが、(.NET版を作った時の)コンセプト立証と実装には普通に時間かけてたし、そもそもコロンブスの卵的なところもありましたし、更にそのUnity化でも、削ぎ落とし方には相当神経使ってます(ゴテゴテ足すだけが設計ではない)。

また、お陰様でUnityのスクリプティングと、そしてRxには詳しすぎるほどに詳しくなれました、というかRxに関しては実際隅から隅まで理解した……。

現在未公開だけど予定があるものとしてはPhotonWireというUnity/Photon Server用の非同期RPCフレームワークがあります。これは来年の初頭に公開できればな、ですかねー。

お仕事

書いたライブラリは基本的に会社でフルに使ってるものなので、成果っちゃあ成果です。が、集中力散漫な年でした。成果として些かライブラリ過多になったのは、それが時間の捻出が比較的しやすい(土日とかにちょっと徹夜して気合いれればグッと形にできたりするんで)というのが大きいですね。細切れな時間で、いまいちうまくプロダクトそのものにコミットできなかったのは減点度大きめで、非常に良くない。ライブラリ側の成果と相殺してプラマイゼロと言いたくはあるんですが、私的な理想像とは離れたところにあるので、まぁ、60点ぐらい……(ちょっと甘め)

いろいろと白髪が増える、ハゲる。といったぐらいな感じです、うみぅ。来年は100点目指します。

ゲームとか音楽とか

今年はライブにまぁまぁ行ったんですが、年末のKing Crimsonの来日講演が震えすぎたのでそれが全て。生きててよかったというか生きてるうちに生で聴けることがあるなんて……!内容もばっちしで、いやはやホンモノは永遠にホンモノであり続ける、というかホンモノであり続けようとする姿勢に感服するばかりです。この編成での本気のライブ版が早く出てほすぃ。

面白かったといえばSquarepusherの来日講演も見に行ったのですが、実に面白かった。サイトでは360度動画が公開されてますが、そうした全方位動画やプロジェクションマッピング、VRの未来すら感じられて、思い出すと行けて本当に良かったなぁ。

ゲームはDownwellがオモシロイッス。

漫画は、iPhone 6s Plusを買ってから、スマフォで本や漫画が十分に読めるようになってしまって革命的に体験が変わった。いやあ、大画面スマフォ(ファブレット)は良いですね!一度体験すると、もう小さいのには戻れない。というわけで基本Kindleで買ってiPhoneで読むというインスタントな生活になりました。今年読んだ中だとヴァーチャル・レッドが良かったかなぁ、終始、陰鬱な空気が流れていて息苦しいんだけどどこか心地良くもある。気に入りすぎてKindleで読んだ後に実書籍のほうも買ったんですが装丁がよく出来てて、そちらも満足度高し。

来年

シンプルに、全力で仕事してゲーム出す。ですね。それ以外なし。もちろん、それはC#を全方面で活かした実証結果として成り得るものです。絶対。これは絶対。

私個人としてはヌルヌルとC#でのスクリプティングにだけ篭もりすぎた感あるので、UniRxも一段落したことだし(ちなみに、もう少し性能向上のためのアップデートが控えていてというか現在審査中なので年明け早々にそれはリリースされるでしょう)、シェーダーをそれなりにすらすら書ける程度にはグラフィック処理もできるようにってのは年頭の宿題にしておきます。

あー、あと私生活では今年は結婚しました。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2015/12/31_524.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc