Unite Tokyo 2019でC# Structの進化の話をしてきました

Unite Tokyo 2019にて、「Understanding C# Struct All Things」と題して登壇してきました!動画は後日Unity Learning Materialsに公開される予定です。

【Unite Tokyo 2019】Understanding C# Struct All Things from UnityTechnologiesJapan002

C#成分強めなので、Unityに馴染みのない人でも読んで楽しめる内容になっていると思います。とはいえ勿論、Uniteでのセッションであるということに納得してもらえるようUnity成分もきちんと取り入れています。というわけで、どちらの属性の人にも楽しんでいただければ!

structに関する機能強化、実際めっちゃ多いんですが、それをカタログ的に延々と紹介してもつまらないので、そうしたカタログ紹介っぽさが出ないように気を配ってます。あと、あんましそういうのでは脳みそに入ってこないというのもあるので。

応用例的なところのものは、ないとつまらないよねーということで色々持ってきたのですが、もう少し説明厚くしても良かったかなー感はありました。セッション内でも雰囲気で流した感じありますしね。とはいえ尺とか尺とか。まぁ雰囲気を分かってもらえれば(structは色々遊べるよ、という)いい、と割り切った面もあるにはあります。詳しくは資料を熟読してください!

Span/NativeArrayの説明も厚くしたくはあったんですが、structそのものの本題からは若干外れるので見送り。あと尺とか尺とか。

今年のUnite、もの凄くいいイベントでした。神運営とはこのことか……。そしてDOTSが熱い。めっちゃやるやる詐欺なので、いい加減本当にそろそろDOTSに手を出して楽しみたいですます!

あと、MessagePack-CSharp v2はいい加減そろそろ出るはず予定です、ちなみにSystem.Memoryとかにめっちゃ依存しているので、MessagePack-CSharpを入れるとSpanとかSystem.Runtime.CompilerServices.Unsafeとかが解禁されます(依存ライブラリとして同梱する予定なので)。いいのかわるいのか。まあ、いいでしょふ。未来未来。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2019/09/30_584.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2020

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc