Unityによるリアルタイム通信とMagicOnionによるC#大統一理論の実現 - フォローアップ

先週の土曜日にUnity道場 京都スペシャル4というイベントで登壇してきました。関西にはめったに行かないので、良い機会を頂いて感謝です。参加者応募も231名、場所もかなり大きなホールでいい感じでした。また、主催されたクラウドクリエイティブスタジオさんはサーバー開発もC#でしてる企業さんでもありますね……!すばらすばら。

【Unity道場京都スペシャル4】Unityによるリアルタイム通信とMagicOnionによるC#大統一理論の実現 from UnityTechnologiesJapan002

動画もUnity Learning Material(YouTube)に公開されています。

Unity……?まぁ、Unity、です、ええ。どちらかというと、MagicOnionが何を目指しているのか、みたいなところを説明できたんじゃないかなー、と思ってます。色々、思っているところを入れました。

このスライドを踏まえて、更に今後考えていること、というか「ハードコアを緩和する」というのが当分のテーマなのですが、なにやるか、というと……RPC以外の便利コンポーネントを作る、という意味ではありません。

あまり便利コンポーネントには関心がなくて、というのもどうせ無駄ばっかでパフォーマンスでないから使わん、とかになるんで、それだといらないなー、と。何のかんので私は割と理想主義者なので、良いものを作るための道具を提供したい、という思いがあります。性能の追求とかもその一環ですよね。というわけで、そこに反するものはちょっとねー、と。そこはアプリケーション実装側の責務だと思うので、自分で作り込んで欲しい……!

導入のヘヴィさやインフラ側は緩和していきたいです。特に、現在ネックになっているのがネイティブgRPCなので、それを引っ剥がしたいと思ってます。これを引っ剥がすと、つまり私の方で提供するPure C#なHTTP/2, gRPC実装に置き換えることでクライアント側は完全にプラットフォームフリー!サイズも低減!依存も消滅!そして完全なチューニングが可能になる!サーバー側はMicrosoft実装の ASP.NET Coreによるgrpc-dotnetベースに置き換えます。そうすると、実は通信層が自由に置き換えられるようになるので、TCPだけじゃなくてQUIC(これは実際、MicrosoftがExperimentalな実装をやってる最中なのでそれをすぐ投下できる)や、RUDPとかを入れ込むこともできます。

インフラ周りは、特にKuberenetes + Dedicated Server的に使うと、プラクティスがなさすぎて死にます。これはAgonesというGoogleの開発しているKuberenetes用のミドルウェアで解決すると思ってるんですが、現状だとまだ厳しいんですねー。というわけでAgonesにIssue立てたりもしてるんですが、さてはて。というわけでまだもう少し大変です。

それとアーキテクチャ的に、まずはRPCになってるのですが、これをサーバーループによる駆動に変換するためのブリッジ層を作り込みたいかなあ、と。現状でも自作すればできる状態なんですが、このぐらいは標準で用意してあげたほうがすわりがよさそうだ、と。

理想的な状態までの絵図は描けていますし、かなりいいところまでは来てると思ってます。ので、あともう一歩強化できれば、というところなのでやっていきます、はい。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2020/01/28_589.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Developer Technologies(C#)

April 2011
|
July 2020

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc