ver 1.3.0.1(XboxInfoTwit) / exception(アーケード)

全てのゲームタイトルで、オンラインマッチ時にステータスが途中参加可能な状態で実績取得が出来ず、タイトル名がおかしくなる件を修正しました。Xbox.comから文字列決めうちで切り出しているので、どんな文言が来るのかのパターンに漏れがありましたというか知らんかった……。(ちなみに現在、待機中でも同様の問題があったりするので、直します、次回に、他にもないかちゃんと調べてから)。こうしてバグ発覚な上に(しかもこの問題は以前からあったっぽいです、全然気づいてなかった)、自信満々に互換性向上!とか言っておきながら、動かなかったって人がいるみたいでごめんなさい。しかも以前のバージョンでは動いていたとなると、もう本当にごめんなさい……。

//

ところで話かわって、exceptionのアーケード版がロケテされてるらしい、新宿南口ワールドで7/9~15だそうだ。というわけで行ってきましたは二日目。実は初日にも行ったんですが、お上りさんなので間違えて東口のタイトーステーションに行って、置いてないなあ、と思ってた。いや、「タイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店」自体には何度か行ったことはあるんですよ!でも、タイトーって印象がないというか真面目にセガだと思ってた(笑) 別に西口のセガのと思い違いしてたわけでもなく素で。それで、東口のほうにはインベーダー(=タイトー)の印象があったので、ほぅほぅ、あんなところも南口に含めるのか、とか思ってたとか思ってたとか。悲しい。ゲーセンの店名って意識したことないのよね、あまり行かない人なので。

アーケード版のゲーム内容ですが、普通にexceptionでした。ステージは若干アレンジされていたり、オリジナルステージがあったりなどですが、内容は全くそのままPC版のexception。処理落ちなどもなく、ヌルヌルと動いておりました。ただし破片量はノーマルか、それより少ないか、といった感じで若干の寂しさは否めない。

気になる操作方法はジョイスティックとボタン3つ。全方位STGでスティック一本ということで、ボタン一つが方向 転換用の固定ボタン(PC版のディレクション)に割り当てられていて、これがぶっちゃけ操作しづらい。残りのボタンはレーザーとレイ、二つを(一度離して)同時押しでカタパルト。このカタパルト動作が筋力貧弱な私には存外辛くて、終わり頃には腕が疲れちゃってた。カタパルト→カタパルト→カタパルトと連打するわけなので、ワンボタンで出したいなあ、と思いつつも、まあボタンあまってないししょうがないね。

そんなこんなだから、というわけじゃないのですが、あえなくPC版3面ボス(アーケードでは5面、だったかな?)で死亡してスコアは5位でした。ランキング一位は、PC版作者のi-saint氏のよう。i-saint氏が初見で?クリアしたようなので、なら私も!とか意気込んでいたのですがズタボロ。いてれーたんに普通にいいように弄ばれるという微笑ましさを見せつけました。

ステージ構成はPC 版->アーケードオリジナル->PC版……と交互のようです。PC版は若干短く簡素にアレンジ。アーケードオリジナルのほうは破片の少なさを補うためにギミック中心の構造になっていて新鮮で面白い。ボスも同様に飛び道具系、というか変形する。アーケードオリジナルボス2体目の倒し方が分からなかくてライフが半分減るまで無意味なことやってたり。新鮮なのはよいことです。

全体的には、昔のアーケード→ファミコン移植のような印象。おお、頑張ってる!という。破片量はしょうがないとしても、操作し辛いのはどうしたものかなー。今回私は3ボタン使う上級者向け操作を選んだので、2ボタン操作の初心者向け操作だと印象違うかもしれません。そういえば、エフェクトも弱めなのでカタパルトの爽快感が薄かったような気がする。回りを破片で囲まれてピンチをカタパルトで一気に突破!的なのが、画面が真っ白になって抜け出せたのか何なのかわけわからないというか自機が本当に白に埋まって見失う、のはどうなのだろう、慣れかな?ジオメトリとかも見失うって言われるわけだし。

とはいえ普通にexceptionだったので普通に面白いと思います。オリジナル面も良い感じだし。PC版に比べてどうよ?と言われると完全にノーコメント(すみません)ですけど、ジョイスティックでやるのも新鮮、ということで遊びに行ける人は遊びに行くと良いやも。とりあえず私は途中で死亡したのが悔しいので、明日も行きます、というかロケテ中にはクリアしたい。(それにしても音楽も効果音も全く聞こえなかった、周囲の音うるさすぎ、私はひなびた田舎のゲーセンが好きですよ(笑))

あと、せっかくなので明後日、7/12の日曜日の22:00頃からUstreamでexceptionとexception conflictを実況プレイしようと思うので良ければ見てやってください。

Comment (2)

ち : (07/12 22:25)

はじめまして、メーカーの者です。ロケテストへのご協力ありがとうございます。
ご意見を参考させていただきまして、さらに面白くなるよう頑張っていきます。

破片の量については、基板スペックと難易度の噛みあいなところです。
操作性については、これからもちょくちょくと改善していきたいところですが、JAMMA/JVS仕様では現状これ以上修正しどころをどうしようか考えあぐねているところです。

(ここから妄想)こう… レバーの丸いところがクリクリ回ってくれると面白いのですが。レバーボールをまわしすぎるとポロッと取れて自機回転ができなくなると…www

neuecc : (07/13 01:29)

わざわざコメントありがとうございます。

破片は、処理落ちよりはスムーズなほうが良いですすし、
難易度も無理に増量を望むほどに優しいわけではないようなので
丁度良い妥協点というかバランスなのかも、とプレイしていて思いました。
エクストラモードで増量を望みたいところですが、スペックの都合はしょうがない。

スペックの都合でしょうがないといえば、操作系もまあ、諦めがつきます。
要点は「移動しながら回転」であり、棒が一本である以上は物理的に無理、ですよね(笑)
アーケード化の話を最初に聞いたときに、
スティックは一本しかないしマシン性能も貧弱なんだから、大幅アレンジになるんだろうなー
なんて思ってたんですが、そのまんま移植できて、スティック一本でも存外なんとかなってる、
ということに驚きました。
企画の段階で、ちゃんとその辺も見えてるんですかねえ、プロだなあ、と思いました(笑)

そういえばパドルコントローラ的なのってないですねー。
現在のディレクションボタンの位置にLet’s noteの円形トラックパッドみたいなのを敷いて
それで回転するとか、おー、ハードが自由だと夢(ちっちゃい!)が膨らむ-。

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2009/07/10_174.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc