Linq と Windows Phone 7(Mangoアップデート)

今冬に予定されている大型アップデート(Mango)に向けて、MIX2011で大量に情報出てきました。色々ありましたが、その中でも目を引いたのがデータベース対応とQueryable対応。データベースは恐らくSQL Server Compact 4.0相当で、これはいいものだ。ただ、生SQL文かあ、という思いもあり。他のやり方ないのかなあ。オブジェクトDBとか?などと夢見てしまうけれど、高機能なエンジン(SQLCE4)がある以上は、それをそのまま使ったほうがいいのは自明で。

インピーダンスミスマッチを解消する、そのためのLinqでしょ!と、ああ、そうだね。でもLinq to Sqlはないし、Linq to Entitiesが乗っかるわけもないし、策はなく普通に生SQLの気もするなあ。どうでしょうね。どうなるのでしょうね。で、Queryable対応も発表された、というかデモられていました。

これでDB+Linqがあることが保証されたから安泰。何のQueryProviderと見るべきかしら。この辺、不透明なので、情報入り次第しっかり追っかけます。

Queryableの難点は、見た目はスッキリしてますが、コンパイル後の結果は式木のお化けになる+実行時は式木のVisitというわけで、軽い処理とは言い難いところなのですが、軽いとか重いとか気にしないし!じゃあなくて、MangoではGC改善など性能向上も入るようなので、十分なパフォーマンスは確保できそうです。あと、ユーザーエクスペリエンスを損なうボトルネックは結局そこじゃあないんだよ、的なこともありそうだし。

例えば現行のWP7のListBoxは致命的に重くて、純正アプリは軽いのにユーザー作成アプリではクソ重く、純正だけネイティブでチートかよゴルァ、という勢いだったんですが(Mangoで改善されるそうです!)、これの要因の一つは画像の読み込み周りがアレだったことにあるようで……。

CocktailFlowという素敵な見た目のアプリがあるのですが、これはその辺の問題に対処するためか、事前にLoadingを取って、完全に読み込み終わってからしか表示しないようになってます。でも、それはそれでネットワーク読みに行ってるわけでもないのにLoadingが長くて、微妙だなあ、と。

MIX11でのRx

二つセッションがありました。一つはLinq in Actionの著者(最初期に出たものですが、良い内容でしたね)によるWP7でのRx活用例。

マイクのボリュームが不安定で聴きにくいですー。話はPull(Enumerable)とPush(Observable)の比較から入ってますね。MoveNextして、MoveNextして、MoveNextして、ええ、ああ、メソッド探訪第7回:IEnumerable vs IObservableの辺りで書きましたね~。それのEnumerbaleサイドのリライト版であるLINQの仕組みと遅延評価の基礎知識の続きとして「Rxの仕組み」を書きたいのですが書くと思ってもう3ヶ月も経ってる、うぐぐ……。

話がそれた。んで、話の序盤は結構退屈です。IEnumerator vs IObserverとかつまらないです、って、あ、私もやってたっけ……。話の流れを上手くつながないと何か唐突なのね。さて、デモはサイコロ転がしを完成させていくというもの。どんどんコードがメソッドチェーンのお化けになっていく様はどこかで見たことある(笑)。最初は、重たい処理を、ObserveOn(Scheduler.ThreadPool)とするだけで実行スレッドを切り替えて、CPUバウンドの処理を簡単に同期→非同期に変換してUIをブロックしないというデモ。ちなみにObserveOn(Scheduler.ThreadPool)じゃなくて、これはToObservableの時点でScheduler渡したほうがいいんじゃあないのかなあ。まあ、大して違いはないといえばないですがー。

次は加速センサーをRxに変換して、TimestampをつけてShakeされたことを検出するというもの。生のセンサーイベントをRxで事前に加工して扱いやすくする、という手ですね。私もUtakotohaの再生イベントでそれやったよ!(いちいち対抗心燃やして宣伝しなくてよろし)。ObservableだとMockに置き換えやすいんだよ、という話もね。気づいたらメソッドチェーンのお化けになっているのも。Linq使いの末路はみんなこんなのになってしまうという証明が!

セッションはもう一つ。RxチームのBart De SmetによるRxJSのセッション。MIX2011はIE10と合わせてHTML5推しもありましたしね。

最初の20分は、ObservableとObserverの購読概念などについて簡単な説明。あとRange,FromArray,Timerといった生成子。Pullとの比較がない、つまり”Linq”とは全く言わないのがJavaScript向けですね。喩えもHTML5のGeolocation APIが、などなど新鮮。そして、だからこそ分かりやすいかもしれません。その後はいきなりGeolocation APIをラップする自作Observableを作ろうが始まって難易度が、まあLevel300だものね。実用的な話ではあるし、Observableを作るということは仕組みを理解するという話でもあるので、こういうのも良い流れ。ほか、KeyUpを拾ってネットワークを問い合せてのリアルタイム検索(event+asynchronousの合成例)など。これはハンズオン資料でもお馴染みの例ですが、順に追ってデモしてもらえるとThrottleの意味は凄く分かりやすいですね。Switchも強力だけど分かりづらさを持つので、こうして丁寧に解説してもらえると、いいね。ともかく、概念としてC#もJavaScriptも超えたところにあるので、考え方、コード例はC#/WP7でも使えます。良いセッションだと思いますので見るのお薦め。

そういえばで、Async CTPが更新されていて、一部変更があったので、RxとAsyncとのブリッジライブラリ(Rx-AsyncLinq)が動かなくなったと思われるので、それに合わせて近いうちにRxもアップデートありそうな気がします。RxJSもここずっと更新とは遠かったのですが、こうしてセッションもあったことだし、大型アップデートはあってもおかしくないかな。

Async CTPはufcppさんの記事Async CTP Refreshに詳しく書かれていますが、ライセンス形態がご自由にお使いください(※但し自己責任)へと変更、日本語版でも入るようになった、WP7対応、といった具合に、WP7開発でも今すぐ投下しても大丈夫だ問題ないになったのは大きい。

他言語からWP7開発のために来たので、C#の経験があまりなくてLinqがイマイチ分からない。でも非同期ダルい。という人には、Rxよりも、Asyncのほうがずっと扱いやすく応えてくれるので、なし崩し的に投入してしまっていい気がしますねー。勿論、ある程度は大きな変更に対応していく気は持ってないとダメですが。

ある程度Linqが分かる人なら(別にそんな大仰なスキルを要求するわけじゃなく、SelectしてWhereして、Linq便利だな~、ぐらいでいいです!)Rxを学ぶのもお薦め。基本的にはLinqに沿っているので、学習曲線はそんなにキツくないです。特に、非同期をラップしてWhereしてSelectしてSubscribe、ぐらいならすぐ。他のは、徐々に覚えればいいだけで。

まとめ

WP7はRx標準搭載で、ただでさえLinq濃度が高かったというのに、Queryable搭載でLinq天国に!もはやWP7が好きなのかLinqが好きなのかよくわかりませんが(多分、後者です)、ともかく最高のプラットフォームなのは間違いない。

ところでDay1ではnugetが割とフィーチャーされていたのですが、その背景、よくみると……

右のほうにlinq.jsが!すんごく嬉しい。

Comment (0)

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2011/04/14_315.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc