SL/WP7のSilverlight Unit Test Frameworkについて少し深く

の、前に少し。DynamicJsonAnonymousComparerをNuGetに登録しました。どちらも.csファイル一個のお手軽クラスですが、NuGetからインストール可能になったことで、より気楽に使えるのではかと思います。機能説明は省略。

そして、昨日の今日ですがChaining AssertionSilverlight Unit Test Frameworkに対応させました。リリースのバージョンは1.6.0.1ということで。NuGetではChainingAssertion-SLChainingAssertion-WP7になります。

Silverlight Unit Test Framework

Silverlightで使う場合は(WP7じゃなくてね、という意味です)、一応Silverlight Toolkitに同梱という話ではあるのですが、テンプレートなどの用意が面倒くさいので、NuGet経由で入れるのが最も楽のようです。Install-Package Silverlight.UnitTestで。

まず、Silverlightアプリケーションを新規作成。Webサイトでのホストはなしでいいです。それとブラウザで実行させる必要もないので、プロジェクトのプロパティからOut of Browserに変更してしまいましょう。次に、NuGetからInstall-Package Silverlight.UnitTest。これでライブラリの参照と、ApplicationExtensions.cs(イニシャライズ用拡張メソッド)、UnitTest.cs(テスト用テンプレ)が追加されているはずです。次にApp.xaml.csのStartupを以下のように書き換えます。

private void Application_Startup(object sender, StartupEventArgs e)
{
    // this.StartTestRunnerDelayed();
    this.StartTestRunnerImmediate();
}

StartTestRunnerDelayedはテストランナー起動時に実行オプション(指定属性のもののみ実行するなど)を選択可能にするもの、Immediateはすぐに全テストを実行する、というものです。どちらかを選択すればOK。それで、とりあえず実行(Ctrl+F5)してみれば、テストランナーが立ち上がって、デフォテンプレに含まれるUnitTest.csのものが実行されているんじゃないかしらん。あとは、それを適宜書き換えていけばよし。なお、テンプレのテストクラスはSilverlightTestを継承していますが、これは必ずしも継承する必要はありません。後述しますが、Asynchronousのテストを行いたいときは必須ですが、そうでないならば、普通にMSTestでの場合と同じように、[TestClass]と[TestMethod]属性がついているものがテスト対象になっています。

なお、MainPage.xaml/.xaml.csは不要なので削除してしまってOK。StartTestRunnerによって、参照DLLのほうに含まれるxamlが呼ばれているためです。

WP7の場合。

一応NuGetにも用意されてるっぽい(silverlight.unittest.wp7)んですが、動きませんでした。ので、今のところ手動で色々用意する必要があります。詳しくはWindows Phone 7用の単体テストツール? その2「使ってみた」 - かずきのBlog@Hatenaに全部書いてあるのでそちらを参照のことということで。参照するためのDLLを拾ってくる→App.xaml.cs、ではなくてMainPage.xaml.csを書き換える、という、Silverlight版とやることは一緒なのですけどね。こういう状況なのはMangoのSDKがベータだったからとかなんとかのせいだとは思うので、近いうちに解決するのではかと、楽観視したいところです。

Chaining Assertionを使ってみる

Chaining Assertion ver 1.6.0.0の解説で紹介した失敗結果が丁寧に表示されるよー、をチェックしてみませう。

// こんなクラスがあるとして
public class Person
{
    public int Age { get; set; }
    public string FamilyName { get; set; }
    public string GivenName { get; set; }
}
 
[TestClass]
public class ToaruTest
{
    [TestMethod]
    public void PersonTest()
    {
        // こんなPersonがあるとすると
        var person = new Person { Age = 50, FamilyName = "Yamamoto", GivenName = "Tasuke" };
        // こんな風にメソッドチェーンで書ける(10歳以下でYamadaTarouであることをチェックしてます)    
        // 実際の値は50歳でYamamotoTasukeなので、このアサーションは失敗するでしょう
        person.Is(p => p.Age <= 10 && p.FamilyName == "Yamada" && p.GivenName == "Tarou");
    }
}

はい、ちゃんと表示されます。Chaining Assertionを使うと、メソッドチェーンスタイルで、実際の値.Is(期待値の条件)というように、 簡潔な記述でテストを書くことが出来るのがうりです。また、失敗時には、この場合personの値を詳細に出力してくれるので、何故失敗したのかが大変分かりやすい。もし、普通に書くと以下のようになりますが、

// もし普通に書く場合
var person = new Person { Age = 50, FamilyName = "Yamamoto", GivenName = "Tasuke" };
Assert.IsTrue(person.Age <= 10);
Assert.AreEqual("Yamada", person.FamilyName);
Assert.AreEqual("Tarou", person.GivenName);

まず、Assert.IsTrueでは失敗時にperson.Ageの値を出してくれないので、確認が面倒です。また、この場合、Personが正しいかをチェックしたいわけなので、FamilyNameやGivenNameも同時に判定して欲しいところですが、Ageを判定した時点で失敗のため、そこでテストは終了してしまうため、FamilyNameやGivienNameの実際の値を知ることは出来ません。

などなどの利点があるので、Chaining Assertionはお薦めです!この記事はSilverlight Unit Test Frameworkの紹介の体をとっていますが、実態はChaining Assertionの宣伝記事ですからね(キリッ

非同期テストをしてみる

Silverlightといったら非同期は避けて通れない。というわけで、Silverlight Unit Test Frameworkには非同期をテストできる機構が備わっています。[Asynchronous]というように、Asynchronous属性をつければそれだけでOK。と、思っていた時もありました。実際に試してみると全然違って、独特なシステムのうえにのっかっていて、かなり面倒くさかった……。

準備。まず、非同期テストをしたいクラスはSilverlightTestクラスを継承します。そしてAsynchronous属性をつけます。すると、そのテストメソッドはTestCompleteが呼ばれるか例外を検知するまでは、終了しなくなります。というわけで、こんな感じ。

[TestClass]
public class ToaruTest : SilverlightTest
{
    [TestMethod]
    [Asynchronous]
    public void AsyncTest()
    {
        var req = WebRequest.Create("http://www.google.co.jp/");
        req.BeginGetResponse(ar =>
        {
            try
            {
                req.EndGetResponse(ar)
                    .ResponseUri.ToString()
                    .Is("http://www.google.co.jp/");
            }
            catch (Exception ex)
            {
                EnqueueCallback(() => { throw ex; }); // 例外はテスト用スレッドに投げる必要がある
                return;
            }
 
            // ↓は定型句なので、EnqueueTestComplete(); という単純化されたのが用意されている
            EnqueueCallback(() => TestComplete()); // 何事もなければ終了でマーク
        }, null);
    }
}

このUnitTestの非同期は、独自のスレッドモデル(のようなもの)で動いていて、Dispatcherのようなキューにたいしてアクションを放り投げてあげる必要があります。別スレッドからUIスレッドは触れないように、「成功(TestComplete)」か「失敗(例外発生)」を伝えるには、EnqueueCallbackを経由しなければなりません。この辺はDispatcher.BeginInvokeするようなもの、と考えるといいかもしれません。

上のは少し原理に忠実にやりすぎた。まるごとEnqueueCallbackしてしまえばスレッドを意識する必要性は少しだけ減ります。

[TestMethod, Asynchronous]
public void AsyncTest()
{
    var req = WebRequest.Create("http://www.google.co.jp/404"); //404なので例外出してくれる
    req.BeginGetResponse(ar =>
    {
        EnqueueCallback(() => req.EndGetResponse(ar)
            .ResponseUri.ToString()
            .Is("http://www.google.co.jp/"));
 
        EnqueueTestComplete();
    }, null);
}

といっても、これは非常に単純なケースなだけであって、複雑なケースを書くとどんどん泣きたくなっていくでしょう……。一応、Enqueueには他にEnqueueConditionalという、条件式がtrueになるまで待機し続けるというものが用意されているので、若干制御はできなくもないんですが、あんまりできるとは言い難い仕組みがあります。詳しくは述べませんというか、別に使いやすいシステムじゃないのでどうでもいいです。

Rxを使ってみる

結果・もしくは例外を別のスレッドシステムに投げる。どこかで聞いたことあるような。ここでティンと来るのはReactive ExtensionsのObserveOnDispatcherです。Dispatcher.BeginInvokeのかわりにEnqueueCallback。丸っきりそっくり。なので、ObserveOnTestQueueのようなメソッドが作れれば、非常に使い勝手がいいんじゃないか。と思い浮かぶわけです。

と、浮かんだ人は実に素敵な発想力を持っていますね。浮かんだのは私じゃなくて海外の人です。はい。Writing asynchronous unit tests with Rx and the Silverlight Unit Testing Framework | Richard Szalayに、実装が書かれています。

そのRxによるScheduler実装を使うと(WP7版なのでSystem.ObservableとMicrosoft.Phone.Reactiveも参照してください)

[TestMethod, Asynchronous]
public void AsyncTest()
{
    var req = WebRequest.Create("http://www.google.co.jp/");
    Observable.FromAsyncPattern<WebResponse>(req.BeginGetResponse,req.EndGetResponse)()
        .ObserveOnTest(this)
        .Subscribe(r => 
            r.ResponseUri.ToString().Is("http://www.google.co.jp/"),
            () => TestComplete());
}

EnqueueCallbackの管理がなくなり、非常に簡単に記述できました。Rxのスケジューラのシステムの柔軟さの賜物ですね。これはRxの素晴らしい応用例だと本当に感動しました。Richard Szalayさんに乾杯。それと、私がこの記事を知ったのはInfoQ: Rx と Silverlight で非同期テストを記述するからなので、紹介したInfoQと、そして翻訳した勇 大地さんにも大変感謝します。

Silverlightの場合

Richard SzalayさんのコードはWP7のMicrosoft.Phone.Reactiveのためのものなので、Silverlight用Rxの場合はそのままでは動きません。はい。残念ながら、WP7版RxとDataCenter版Rxとでは、互換性がかなり崩壊しているので、そのまま動くことなんてないんです。悲しいですねえ……。これに関しては銀の光と藍い空: 「Rx と Silverlight で非同期テストを記述する」をWeb版にも使えるようにしたい!に書かれていますが、Silverlight用に移植してあげればよいようです。

既に、上記記事で田中さんが移植されているのですが、二番煎じに書いてみました(と、※欄で書いたものを流用です、毎回、流用させてもらっていてすみません……)

public static class TestHarnessSchedulerObservableExtensions
{
    public static IObservable<T> ObserveOnTestHarness<T>(this IObservable<T> source, WorkItemTest workItemTest)
    {
        return source.ObserveOn(new TestHarnessScheduler(workItemTest));
    }
 
    public static IDisposable RunAsyncTest<T>(this IObservable<T> source, WorkItemTest workItemTest, Action<T> assertion)
    {
        return source.ObserveOnTestHarness(workItemTest).Subscribe(assertion, () => workItemTest.TestComplete());
    }
}
 
public class TestHarnessScheduler : IScheduler, IDisposable
{
    readonly WorkItemTest workItemTest;
    readonly CompositeDisposable subscriptions;
 
    public TestHarnessScheduler(WorkItemTest workItemTest)
    {
        var completionSubscription =
            Observable.FromEventPattern<TestMethodCompletedEventArgs>(
                h => workItemTest.UnitTestHarness.TestMethodCompleted += h,
                h => workItemTest.UnitTestHarness.TestMethodCompleted -= h)
            .Take(1)
            .Subscribe(_ => Dispose());
 
        this.subscriptions = new CompositeDisposable(completionSubscription);
        this.workItemTest = workItemTest;
    }
 
    public void Dispose()
    {
        subscriptions.Dispose();
    }
 
    public DateTimeOffset Now
    {
        get { return DateTimeOffset.Now; }
    }
 
    public IDisposable Schedule<TState>(TState state, DateTimeOffset dueTime, Func<IScheduler, TState, IDisposable> action)
    {
        return Schedule(state, dueTime - Now, action);
    }
 
    public IDisposable Schedule<TState>(TState state, TimeSpan dueTime, Func<IScheduler, TState, IDisposable> action)
    {
        if (subscriptions.IsDisposed) return Disposable.Empty;
 
        workItemTest.EnqueueDelay(dueTime);
        return Schedule(state, action);
    }
 
    public IDisposable Schedule<TState>(TState state, Func<IScheduler, TState, IDisposable> action)
    {
        if (subscriptions.IsDisposed) return Disposable.Empty;
 
        var cancelToken = new BooleanDisposable();
 
        workItemTest.EnqueueCallback(() =>
        {
            if (!cancelToken.IsDisposed) action(this, state);
        });
 
        subscriptions.Add(cancelToken);
        return Disposable.Create(() => subscriptions.Remove(cancelToken));
    }
}

Richard Szalayさんのコードが非常に素晴らしく、あらゆるケースへのキャンセルに対して完全に考慮されているという感じなので、そのまま持ってきました。実際のところ、テスト用なので「例外発生/TestCompleteが呼ばれる」で実行自体が終了してしまうわけなので、こうもギチギチに考えなくてもいいのではかなー、とか緩いことを思ってしまいますが、まあ、よく出来ているならよく出来ているままに使わさせてもらいます。

メソッド名は、ObserveOnTestHarnessに変更しました。ObserveOnTestだけだと何かイマイチかなー、と思いまして。それと、時間のスケジューリングは、NotSupportedではなくて、EnqueueDelayというのものがあるので、それを使うことにしてみました。それと、ObserveOn -> Subscribe -> onCompletedにTestCompleteが定形文句なので、それらをひとまとめにしたRunAsyncTestを追加。こんな風に書けます。

var req = WebRequest.Create("http://www.google.co.jp/444");
Observable.FromAsyncPattern<WebResponse>(req.BeginGetResponse, req.EndGetResponse)()
    .RunAsyncTest(this, res => 
        res.ResponseUri.ToString().Is("http://www.google.co.jp/"));

定形文句が減る、つまりうっかりミスで書き忘れて死亡というのがなくなる、というのはいいことです。

通常のMSTestの場合

ところで、もしSilverlight/WP7固有の機能は使っていなくて、WPFでも利用出来るようなコードならば、コードをリンク共有の形でWPF側に持っていってしまって、そこでテスト実行してしまうと非常に楽です。まず第一に、MSTestやNUnitなどの通常のテストフレームワークが使えるため、Visual Studio統合やCIが簡単に行えます。第二に、非同期のテストが(Rxを使った場合)更に簡単になります。

[TestMethod]
public void AsyncTest()
{
    var req = WebRequest.Create("http://www.google.co.jp/");
    var result = Observable.FromAsyncPattern<WebResponse>(req.BeginGetResponse, req.EndGetResponse)()
        .First(); // First()で同期的に待機して値が取れる。複数の場合はToEnumerable().ToArray()で。
 
    result.ResponseUri.ToString().Is("http://www.google.co.jp/");
}

FirstやToEnumerable.ToArrayにより、同期的に待機することが出来るので、簡単にテストすることができます。通常のコードは同期的待機はすべきではないのですが、こうしたユニットテストの場合は便利に使えます。

じゃあSilverlightのユニットテストでも待機できるのはないか?というと、それはできません。理由はWindows Phone 7で同期APIを実現するたった つの冴えないやり方で書いたのですが、WebRequestなどのネットワーク問い合わせは、一度Dispatcherに積まれて、現在のメソッドを抜けた後に実行開始されるので、テスト実行スレッドで同期的に待って値を取り出すことは不可能なのです。

こういった細部の違いもあるので、コード共有してMSTestでチェックするのは楽でいいのですが、やはりSilverlight/WP7の実際の環境で動かされるユニットテストのほうも必要不可欠かなー、と。どこまでやるか、にもよりますが。

まとめ

Chaining Assertionは便利なので是非試してみてね!

なお、Rxを使うとTestScheduler(時間を好きなように進められる)やITestableObserver(通知の時間と値を記録できる)といった、イベント/非同期のテストを強力に支援する仕組みが備わっているので、それらと併用することで、より簡単に、もしくは今までは不可能だったことを記述できるようになります。それはまた後日そのうち。

SL/WP7のテストは、本当はIDE統合されてるといいんですけどねー。まあ、エミュレータ動かさなければならないので、しょうがないかな、というところもありますけれど。その辺も次期VisualStudioでは改善されるのかされないのか、怪しいところです。現在DeveloperPreviewで出ているVS11は、特に何も手をつけられてる感じがしないので、そのままな可能性はなきにしもあらず。どうなるかしらん。async/awaitが入ることだし、色々変わってくるとは思うんですけれど。

Comment (1)

蒼い惑星 : (01/07 07:47)

Chaining Assertionを導入したおかげで、テストを綺麗に書けるようになりました。
素晴らしいです。ありがとうございます!

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2011/09/23_345.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc