Utf8Json - C#最速のJSONシリアライザ(for .NET Standard 2.0, Unity)

Utf8Jsonという新しいC#用のJSONシリアライザを作りました。.NET Standard 2.0で作っているのでふつーの.NETでもXamarinでも概ね動くはずです(.NET 4.5版もあります)。また、Unity用にもちゃんと用意しています。Unityの場合はJsonUtilityと比較してどうよ、ってことなんですが、いいと思いますよ(あとで少しだけ説明します)

なんかバズって、一気に350 Star超えしました。GitHubのToday’s Trending - C#で1位、全体で20位ぐらいになってたりました。

使い方を説明してもしょうがないので(ReadMe見てね)、ここではパフォーマンスに関する実装面での工夫について説明します。

image

赤枠で囲ったのがUtf8Jsonで、それより左側はバイナリシリアライザです。JSONでは最速。ウリは超高速性と、十分な拡張性。さすがにフォーマットの違いがあるのでMessagePack for C#には敵わないのですが(というか改めて見てもむしろデタラメに速すぎ……)、他のJSONシリアライザよりも勝っています。シリアライズに至ってはprotobuf-netより速いし。また、メモリアロケーションも非常に少ない(基本的にpayloadのサイズ分しか必要とせず、メモリプールに収まる範囲内では、ゼロアロケーションです)。

コンセプトの核はシンプルです。JSONをUTF8 byte[]に直接読み書きすることで、バイナリシリアライザであるかのように動作させる。それにより、従来あったString(UTF16)との相互変換のオーバーヘッドを消して、速度を圧倒的に向上させることができる。

このような試みは、corefxlabによりSpan<T>という、そろそろ標準に入りそうでまだ入ってない効率的な配列のスライスっぽい何か、の活用の一貫として研究されています。corefxlabのWikiにあるSystem.Text.Formattingの解説を見てみましょう。ToStringやFormattingを避け、直接UTF8として書き込むことにより、多くのアロケーションを避け、より高速に動作することを目指しています。残念ながらこれは未だ「early prototype, not complete, please don’t try to use it in real world software」ではありますが。また、汎用的なJSONシリアライザとはまた別のものです。とはいえ、コンセプトの正しさ、目指さなければならない地点はどこにあるか、というのは分かると思います。Utf8Jsonは、実装した結果を持って、そこに到達しました。

C#自体としてもUTF8String Constantsなどの提案もありますが、実現するかも分からない遠い未来のことであり、UTF16のコストは払い続けなければならないでしょうね。null安全に関する話もそうですが、C#もレガシー言語と言わざるを得ない要素は色々と嵩んできてはいると思っています。Stringに関してはGoのほうがモダンでイケてるStrings, bytes, runes and characters in Goように見えますし、しかし言語の大元に組み込まれているもの(UTF16)を変えるというのは非常に難しいところでしょう。その中で、しかし現実は現実として、今、このC#で、いかに、どこまでやれるかというのが勝負だし、C#を戦場で勝ち残れる環境に引き上げていくことでもあります。

TextReader/Writerのオーバーヘッド

通常のJSONシリアライザはstringを返しますが、別にstringを返されても使い道はないので、その後更にbyte[]に変換するでしょう、多くの場合はEncoding.UTF8.GetBytesにより。或いはTextReader/WriterでStreamに書き込みするかの、二択です。そこに着目した場合、通常のJSONシリアライザにはオーバーヘッドが存在します。例えばUtf8JsonとJil(C#での高速なJSONシリアライザとしてJSON.NETのオルタナティブとしては最もメジャー)で見てみると

// Object to UTF8 byte[]
[Benchmark]
public byte[] Utf8JsonSerializer()
{
    return Utf8Json.JsonSerializer.Serialize(obj1, jsonresolver);
}
 
// Object to String to UTF8 byte[]
[Benchmark]
public byte[] Jil()
{
    return utf8.GetBytes(global::Jil.JSON.Serialize(obj1));
}
 
// Object to Stream with StreamWriter
[Benchmark]
public void JilTextWriter()
{
    using (var ms = new MemoryStream())
    using (var sw = new StreamWriter(ms, utf8))
    {
        global::Jil.JSON.Serialize(obj1, sw);
    }
}

Obj -> String -> byte[]は明らかに無駄ステップで、Obj -> byte[]のほうが明らかに速そうだ、というのは単純明快でよくわかります。では Object -> Stream(with StreamWriter)はどうでしょう。ベンチマークで分かる通り、StreamWriterを介したものはStringからのbyte[]よりも、むしろ低速です。一見「ストリーミング」で良いかのように見えますが、それは見せかけだけのことで、実際には内部でバッファを”いい具合”に抱えてやりくりしているだけのことであり、更にそれによりStreamWriterへの書き込みそのものに多くのオーバーへッドが存在するからです。このことはそもそもJilのReadMeにも書かれていることです、が、しかし例えばASP.NET Core MVCのシリアライザを差し替えようとして、このような実装をついしてしまうでしょう。

// ASP.NET Core, OutputFormatter
public class JsonOutputFormatter : IOutputFormatter //, IApiResponseTypeMetadataProvider
{
    const string ContentType = "application/json";
    static readonly string[] SupportedContentTypes = new[] { ContentType };
 
    public Task WriteAsync(OutputFormatterWriteContext context)
    {
        context.HttpContext.Response.ContentType = ContentType;
 
        // Jil, normaly JSON Serializer requires serialize to Stream or byte[].
        using (var writer = new StreamWriter(context.HttpContext.Response.Body))
        {
            Jil.JSON.Serialize(context.Object, writer, _options);
            writer.Flush();
            return Task.CompletedTask;
        }
 
        // Utf8Json
        // Utf8Json.JsonSerializer.NonGeneric.Serialize(context.ObjectType, context.HttpContext.Response.Body, context.Object, resolver);
    }
}

context.Response.BodyはStreamだから、普通にStreamWriter通して書きますよね?そのことにより謳い文句よりもずっと低速で、多くのメモリ消費をしてしまっているというのに!これが、Jilに差し替えても爆速だぜー、を達成できない理由です(とはいえさすがにもちろんJSON.NETよりは遥かに速い)。今も変わらず、JSONのシリアライゼーションは.NETのボトルネックであり続けているのです。

ついでじゃないですが、StreamWriterは初期化時(コンストラクタ)に、デフォルトでchar[1024] と byte[3075] という、かなりデカいバッファをいきなり確保します。referencesource/streamwriter.cs#L203-L204。これは普通にデカい。こういうのがストリームの代償なんですよね、あばー。

シリアライズの最適化

こんな感じで動いています、の図。

// 逆コンパイル結果のイメージ。
public sealed class PersonFormatter : IJsonFormatter<Person>
{
    // 実質シングルトンになるので永久にキャッシュ
    private readonly byte[][] stringByteKeys;
 
    public PersonFormatter()
    {
        // プロパティ名は"{", ":", ","を引っ付けた上で事前生成してキャッシュ
        this.stringByteKeys = new byte[][]
        {
            JsonWriter.GetEncodedPropertyNameWithBeginObject("Age"), // {\"Age\":
            JsonWriter.GetEncodedPropertyNameWithPrefixValueSeparator("Name") // ,\"Name\":
        };
    }
 
    public sealed Serialize(ref JsonWriter writer, Person person, IJsonFormatterResolver jsonFormatterResolver)
    {
        if (person == null) { writer.WriteNull(); return; }
 
        // WriteRawXはメモリコピーの特化版(生成時にx32/x64とsrcの長さが分かってるので、特化して生成する)
        UnsafeMemory64.WriteRaw7(ref writer, this.stringByteKeys[0]);
        writer.WriteInt32(person.Age); // itoaで直接書き込むことによりToString + UTF8エンコードを避ける
        UnsafeMemory64.WriteRaw8(ref writer, this.stringByteKeys[1]);
        writer.WriteString(person.Name);
 
        writer.WriteEndObject();
    }
 
    // public unsafe Person Deserialize(ref JsonReader reader, IJsonFormatterResolver jsonFormatterResolver)
}

この場合だと処理ステップ的には5ブロック分です。JSONのシリアライズが(バイナリに比べて)遅くなってしまう要因は色々あるのですが、各プロパティ名の書き込みには最適化の余地があります。一つに、名前は固定なので、事前にエンコードしておきましょう。更に、区切り記号”:”や連結”,”、ヘッダ”{”の出現位置は決まっているので、名前にくっつけて一体化してしまいます。パフォーマンス向上の基本原則は呼び出し回数を抑えること、なので一体化には大いに意味があります。あとは、ターゲットがbyte[]なので、メモリコピーするだけです。

そして、更にメモリコピーの最適化の問題に入ります。C#におけるコピーの手法として、Array.Copy、を卒業した人はBuffer.BlockCopyを使い出します。これはプリミティブ型のコピーでは、Array.Copyより高速という謳い文句で、概ね実際そうなのですが、小さいサイズのコピーの場合は話が少々違ってきます。そして、プロパティ名は通常、かなり小さい(普通は10バイト以下、多くても30バイト以下でしょう)。

そしてそもそもBuffer.BlockCopyには無駄があります。coreclrに改善PRが出されているので、それを見るのが分かりやすいですが、Buffer.BlockCopyはランタイムのネイティブのC++コードの呼び出しになりますが、型のチェックと汎用的な型による処理が入っているんですね。というのも、Buffer.BlockCopyはプリミティブ型全てがコピーできる代物だから。でも、利用用途の9割はbyte[]のコピーのはずで、より最適なコードが叩き込めるはずです。というわけで、2016年の2月に、これは入りました。それ以前のものに関しては南無、という話です。それとCore CLRの話なのでCoreじゃないCLRにどの程度反映されているかは謎です(多分、反映されてない気がする)。

とはいえどちらにせよ使いません。unsafeが許されるなら.NET 4.6から追加されたBuffer.MemoryCopyのほうが高速だからです。じゃあそれでOKかというと、やはりそんなことはなくて、GitHubのcoreclr上で何度か最適化PRが出されていて、現在の最新のPRはOptimize Buffer.MemoryCopy #9786です。中身を説明すると、ある程度のThreshold(x64では2048)までは、SSE2が使える環境なら64バイト単位(RyuJITがそうする)、そうじゃなければ8バイト単位でC#のunsafeで普通にコピーするという代物です。なるほどunsafeで普通にコピー。それが速い。そうなのか。

で、さらにILGeneratorによる実行時動的生成なので、コピー元の長さも知っているので、分岐も消せるんですね、直接埋め込んでしまえば。と、いうわけで、UnsafeMemory.csには31バイトまでの最適化メソッドがあります。コード生成時に長さを判定して、31バイト以下なら専用メソッドを直接呼ぶコード、それ以上はBuffer.MemoryCopyを使うコードを生成。これが真の最速コピー。

なお、ILにはCpblk命令がありますが(C#からは直接呼べない)、結局コレはランタイムがどう処理するかって話でしかなくて別に特にマジックもなく、むしろあまり使われないせいで最適化の手が回ってない説すらあるんで、夢は持たないでおきましょう。どうしても使いたければ現在はNuGetからSystem.Runtime.CompilerServices.Unsafeを落としてくれば使うこと自体は簡単にできます。

itoa/atoi, dtoa/atod

itoaというと古き良き香りって話で、まぁ実際古き良き話なのですが、integer to ascii、ということで数字をUTF8 byte[]に変換するなら、これが使えます。UTF8は数字はascii同様ですからね。コレの何が良いかというと、ToStringしなくて済みます。ToStringは何気にコストなのです!(ようするにInteger to UTF16だから)。更に加えてbyte[]にしたければUTF16 -> UTF8へのエンコードまで必要です。絶対避けたい話ですよね、ということで数字の書き込みはitoaを実装することにしましょう。また、その逆 atoi も大事。atoiのほうは、普通だと byte[] -> String -> int.Parse という処理順になって無駄があるんで、そこ直接 byte[] -> int に変換かけれたほうが有利になります。

itoaは割と素朴に実装するだけなのでいいんですが、dtoaは問題です。doubleはねー、大変なんですよ……!ここがバイナリシリアライザと大きな違いで、バイナリシリアライザはdoubleでもサクッと高速に変換できるんですが、doubleをテキストに変換する/テキストからdoubleに変換するのは割と大仕事で、性能面に差が出てきてしまうところPart1です(Part2は文字列で、文字列はエスケープが必要になって全走査かける必要があるからめちゃくちゃネックになる)。

んで、dtoaをどうするかなんですが、モダンでイケてるアルゴリズムとしてGrisu2というのがあって(論文は2004年と比較的新しいですね)、それのC++実装としてgoogle/double-conversionがあるので(Grisu3かも、別にバージョン(?)違いは性能向上ってよりは機能面での違いってふいんきではある、ふぃっしゅ数みたいなもんですよ←違います)、今回はそれをPure C#として移植しました。これでまぁ、概ねOKでしょう。

なお、dtoaのアルゴリズムの比較はC++の高速なJSONライブラリであるRapidJSONの作者が、それのために色々アルゴリズムを比較しているdtoa-benchmarkが割と詳しい、です。RapidJSONの作者さんはテンセント勤務。うーん、中国強い。実際、C#もGitHub見てると中国語しか説明ない謎ライブラリ、でも強そう、あと英語圏でも無名そうなのにStarいっぱいついてる、みたいな中華圏ローカルでも規模めっちゃデカいし出来も凄いんです感がとてもあって、めっちゃ面白い。時代は中国。

この辺のことをSpanベースの標準サポートでやりたいのがcorefxlab/System.Text.Primitiveなんですが、まぁまだ作りかけって感じですね。実際、大事なところは TODO:そのうちやる、みたいになってるし。この辺はSpanがそもそもまだリリースされてない → Utf8Stringが全然固まってない、で、その後にくる課題だと思うんで、完成するまで先は長そうです。Utf8Jsonはcorefxlabがやりたかったことがかなり詰まってるんですよねえ。そういう意味でも未来のライブラリです。実際、JSONシリアライザとしては世代が一つ先のものと言えるでしょう。

デシリアライズの最適化

デシリアライズの最適化、に関してはMessagePack for C#におけるオートマトンベースの文字列探索によるデシリアライズ速度の高速化で説明したオートマトンによる検索をIL生成で埋め込んでいます。

やってることは以前に書いた通りなので詳しいのはそれ読んでほしいんですが、文字列にデコードしてハッシュテーブルでマッチングするんじゃなくて、バイト列をそのまま使って、かつlong単位でバイト列を切り取ってオートマトン探索をマッチする定数ごとコード生成時に埋め込む、という割と大掛かりな代物 。大掛かりではあるんですが、コード的にもコピペして持ってきただけなので新規の手間は全然かかってません!なお、もちろん、Stringにデコードしたりとかせずに、更にエスケープされているまんまでスライスを作ってそれでオートマトンに通してます。とにかく無駄処理は徹底的に省く。テキストフォーマットだと、その辺に特にシビアにならなきゃいけなくて、性能を気にする場合はバイナリシリアライザよりも難易度がかなり高い……。

Mutable Struct Reader/Writer

Mutable Struct is Evil!というのは過去のこと、というわけではないですが、考えなしにとりあえず否定するのは時代遅れの腐った脳みそです。と、いうわけでUtf8Jsonの最もプリミティブな部位、JSONを読み書きするJsonReader/JsonWriterは状態を持つ構造体です。例えばJsonReaderはbyte[]とint offsetを保持し、読み込みのたびにoffsetが進みます。

これは、値渡しをしてはいけないことを意味します。また、ローカル変数に入れるのも禁止です。コピー禁止、徹底的に。というわけで、型毎のシリアライザ、IJsonFormatterの定義はこうなっています。

public interface IJsonFormatter<T> : IJsonFormatter
{
    void Serialize(ref JsonWriter writer, T value, IJsonFormatterResolver formatterResolver);
    T Deserialize(ref JsonReader reader, IJsonFormatterResolver formatterResolver);
}

ちなみに、値渡しの禁止はC# 7.2のref-like typesによって、コンパイラによる制御がかけられる、といいなあ、というのが詳しくはcsharp-7.2/span-safety.mdをどうぞでref周りには色々と手が入る予定があるんですが、残念ながら禁止はできなさそうです(ref-likeであってref-onlyではない、みたいな)。なので自己責任で気をつけてください、という話になります。csharp-7.2/Readonly referencesあたりは少し助けになりますが、それでも完全ではないですね。ref周りの強化はまだ続いてくので、今後に注視していきたいところ。

また、JsonReader/Writerはあまり気の利いたステートを持ちません。中身は byte[] bufferとint offset しか持ちません。なので、例えばJSON.NETはStartArrayすると、EndArrayまではWriteValueに対して”,”を自動でつけてくれるとかしてくれますが、そういうのは一切してくれません。100%マニュアル管理です。これは、↑で出たプロパティ名に”{”とか”:”とか”,”がくっついてるなどなど、最適化のために内部ステートをガン無視した投下を行うで、管理しようがないからってのが理由になりますね。あとは、もちろん不要なステート管理は性能上の無駄なので、そうじゃなくても最初から捨てる気でした。

いえいえ、別にだからといって読み書きしづらいわけじゃないですよ?むしろReadに関しては、かなりやりやすいと思います。例えばList[int]のデシリアライザを作るとして

public List<int> Deserialize(ref JsonReader reader, IJsonFormatterResolver formatterResolver)
{
    if (reader.ReadIsNull()) return null;
 
    var list = new List<int>();
 
    var count = 0; // 外部変数で状態管理(JsonReaderは状態を持たない)
    while (reader.ReadIsInArray(ref count))
    {
        list.Add(reader.ReadInt32()); // Int32で読む
    }
 
    return list;
}

と、結構端的に書けます。JSON.NETだとwhile(Read())してTokenをswitchして…とやらなきゃいけないので、むしろこっちのほうが書きやすいとすら言えるでしょう。このAPIスタイルはMessagePack for C#のMessagePackBinaryを踏襲したものです。前方から、型が確定の状態で読み進めていくのにやりやすいAPIと思っています(ただしTokenを使ったdynamicな処理しようとするとReadを忘れるというミス率高し、つい数時間前にもそのミスによるバグレポを直した)。ただし、一般的なAPIスタイルではない、という自覚はあります。まぁ、ハナからMutable Structで一般的じゃないので、いいじゃないですか。つーかXmlReader辺りから続く、10年物の骨董品みたいなAPIスタイルをいつまでも有難がってるほうがおかしい。

Unity/コードジェネレーター

Unityには標準でJsonUtilityがあって、それは十分に高速でイケてるんですが、幾つか難点が。一つはUnityのシリアライズ対応に従わなければならないところがあって、nullableダメとか配列がルートにできないとかDictionaryがダメとか(当然他のコレクションもダメ、配列とListだけ)nullのハンドリングがビミョウどころかヤバい(中身が空のインスタンスが生成される、classなのにdefault(struct)みたいな処理がされる)とか、厳しいところもあります。それを乗り越えれば高速でいいんですが。

もう一つは、ターゲットがstringなので、File I/OやNetwork I/Oが相手の場合はUTF8変換が必要になりますよね(もちろんその分のアロケーションは存在する)

ってことで、Utf8Jsonを使うと直接byte[]に変換出来て真のゼロアロケーションを達成出来る!おまけにどんな型でも自在にシリアライズ可能!その上で十二分に高速!まぁ高速性に関しては、JsonUtilityとbyte[]変換分を加算した上で、いい勝負ってぐらいですね。勝てるケースもありますが微妙な判定のケースもあるので、どっこい、ぐらいです。さすがに、JsonUtilityはシリアライズ対象に制約があるということは、UnityのC++エンジンの内部に都合がよい形で、C++でガリガリッと処理しているということだと思うんで(なので制約がキツいのは受け入れてあげるべきと思ってます、しょーがないじゃん、世の中なんでもトレードオフですよ)、Pure C#レイヤーだけでいい勝負できてることのほうがむしろ凄いことです。いや実際。

PC版の場合は、ILGeneratorによる動的コード生成も動くので、そのまんまJsonUtilityを置き換えれるといっても過言ではないです。が、iOS/AndroidなどIL2CPPの場合は勿論動きません。……。てわけで、例によってコマンドラインアプリケーションとしてコードジェネレーターを用意してあって、動的コード生成のかわりに事前生成したのに差し替えられるようになってます。ビルド時のフックなりUnityのPre/Post処理などに入れるなりして動かせば、そこまで面倒って感じではないと思います、最初のセットアップさえ完了すれば。

そして、MessagePack for C#などの場合はWindowsでしか動かなかったコードジェネレーターが、今回からwin/mac/linuxで動くようになりました……!おめでとうおめでとう。.NET CoreによるC#でのクロスプラットフォームアプリケーションの成果物なので、みんなクロスプラットフォームでちょっとした小物作る場合はGoだけじゃなくてC#も使いましょう。

てわけでUnity用にはUtf8Json/relasesページにして.unitypackageと、コードジェネレーターのzipが置いてあります。

ちなみにstringが欲しい場合は出来上がったbyte[]をGetString、しなくてもToJsonStringメソッドが映えてるのでそちらを使うことで、stringへの変換もできます。その場合はobject -> byte -> string(utf16)という変換パスになるので、byte[]に比べると速度が落ちてしまいますが、この辺は最優先のターゲットとしてどちらを優先するか、というところなのでしょうがないとこです。

テキスト(JSON) vs バイナリ

JSON最強理論はあるのですが(実際Utf8Jsonはprotobuf-netより速いし)、それでも私は使い分けすべきと思ってます。というのも、バイナリ(MessagePack for C#)は鬼のように速いし、これはもうフォーマットの違いがさすがに決定的で、Utf8Jsonをそこまで高速化するのは絶対不可能です。テキストをほぼバイナリであるかのようにあつかって処理はしてますが、やっぱ限界はあります、特にdoubleとか文字列(エスケープ)とかのネックっぷりがキツい。それとどうしてもペイロードがデカくなるので、デカいってのは純粋に読み書きのコストが増大してパフォーマンス的には(比較すると)不利になりますからね。

とはいえ、MesssagePackだけでOKかというと、そうじゃあないんですよね。公開API作るならJSONじゃなきゃだし、Web用もJavaScriptで読めるJSONじゃなきゃ基本ダメ。モバイルや別言語との通信だったらMessagePackでもOKではありますが、しかしJSONのほうがやりやすい場合も多いでしょう。

というわけで、JSONじゃなきゃダメなシチュエーションは当然あるので、そこはUtf8Json。それ以外(いっぱいありますよね?Redisに保存するものとか)だったら、MessagePack for C#。という風な使い分けが良いと思ってます。また、MessagePack for C#のほうが多機能(Unionサポートなど、これはJsonだとInvalidなオレオレJSONが出来上がるのでサポートする気はない)なので、C#で完結する処理ではMessagePack for C#のほうが便利です。

多少の機能性に違いはあれど、原則出力形式が違うこと以外は、Utf8JsonとMessagePack for C#に大きな差はありません。protobuf等の場合使い勝手が悪くてJSONを選ぶ、ということもありましたが、MessagePack for C#の場合は違います。なので、普通に使い分けしてください。これがC#におけるシリアライザに関してのファイナルアンサーです。完全に決着ついた。もう一切悩む必要はない。

まとめ

Utf8Jsonの公開効果によってMessagePack for C#の知名度もつられて上昇しMsgPack-Cliのスター数を遥かに抜いてった。この辺は意図してることで、同じようなものを連発して、相互に認知度高めていくのは基本っちゃあ基本ですね。もう一つブーストさせたかったので、想定通りの結果でよきかなよきかな。

目的のもう一個は最適なテキストプロトコル処理を作ることで、以前にC#の高速なMySQLのドライバを書いてるよという話を書きましたが、進捗ダメです!じゃなくて、別に諦めたわけでも放置したわけでもなくて、MySQLって基本はテキストプロトコルで、そこに対して最速の処理をあてたかったんですね。んで、私自身、最速バイナリ処理の技法は持ってたんですが、最速テキスト処理の技法がなくて、MySQLにたいして研究からやってるのあんま効率良くなかった。比較対象もないし、処理通すのにMySQL叩くのも面倒なうえにピュアな処理じゃないし。そこで、JSONはめっちゃ都合よくて、サクッと手元で完結するし比較対象はいっぱいあるし、おまけに完成すれば絶対に需要がある。更にはシリアライザのアーキテクチャ自体はMessagePack for C#で完成しているので、かなりの部分を流用できる。いいことづくめじゃん。というのが、作ろうとした発端でした。というわけでMySQLドライバは諦めてないというか、むしろここが出発点なのでmattekudasai……!

それとMagicOnion(gRPCの上に構築したMessagePackを使うC# RPC)のα版からの脱出も諦めてません。んで、今もHTTP/1 Gatewayはあるんですが、どちらかというとSwaggerを動かすためだけの開発用で、プロダクションに使えるレベルのものではないんですね。grpc-gatewayとかgrpc-webレベルのものになれば、HTTP/1のいわゆるREST APIみたいなものもMagicOnionで書きおこせるようになる。そのためには納得がいくレベルの高速さと拡張性を備えたJSONシリアライザが必要で(JSON.NETは拡張性はOKだけど性能がダメ、Jilは性能はまぁ良いとしても拡張性がダメ。MagicOnionはただシリアライズ-デシリアライズしてるだけじゃなくて、MessagePack for C#が微妙にメタい処理を挟んで高性能を実現するような設計になってるので)、なんと悲しいことに空席で存在してなかった。Utf8Jsonならそれを満たせます。メデタシメデタシ。実際ほんと困ってたので出来てよかった。この辺、シリアライザを自分で用意できると融通が効きまくって最高に良い。出来ることの幅がかなり広がる。

と、いうわけで、かなり良いライブラリに仕上がったと思うので(特に、基礎レベルの出来はMessagePack for C#で証明済みというか、沢山issueを貰って改善してった歴史があった積み重ねが乗っかってる)、ぜひぜひ使ってみてくださいな。

Comment (2)

nagashima : (11/02 13:43)

Jsonのシリアライザの話のところにMessagePack for C#のことを書くのもあれなのですが、
英語が不自由なのでこちらに書かせてもらいます。
現在1.7.2を使用しているのですが、negative fixintの範囲内の値(255,0xff)が、uint8として出力されます。
現状はMessagePackFormatterアノテーションで回避している状態ですが、
ライブラリの方で修正をお願いできないでしょうか。

nagashima : (11/02 16:43)

すみません。自己解決しました。
sbyteを使用すべきところをbyteを使用していました。
お時間を取らせていたらすみません。

Name
WebSite(option)
Comment

Trackback(0) | http://neue.cc/2017/09/29_559.html/trackback

Search/Archive

Category

Profile


Yoshifumi Kawai
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies(C#)

April 2011
|
July 2018

Twitter:@neuecc
GitHub:neuecc
ils@neue.cc